ユネスコ・世界遺産センター(世界遺産委員会事務局)とは?簡単に解説

  • URLをコピーしました!

世界遺産センターの正式名称は「世界遺産委員会事務局」のこと。事務局ということで、世界遺産においてはどんな役割があるのでしょうか?

今回は世界遺産センターを世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、世界遺産センターについて詳しくなること間違なし!

目次

世界遺産センター(世界遺産委員会事務局)とは?

画像素材:写真AC

世界遺産センターは、1992年に設立した組織で、1年に1回開催される世界遺産委員会の補佐をしています。つまり、各国の代表が集まる世界遺産委員会を影で支える方々ですね。

本部はパリのユネスコ内に常設。ユネスコ事務局長は、世界遺産センター局長を世界遺産委員会の秘書に任命しています。

世界遺産センターの役割を簡単にまとめると、

1、各国から世界遺産リストへの登録推薦書を受理し、登録して専門調査をそれぞれの機関に依頼すること
2、世界遺産条約締約国会議と世界遺委員会の開催・運営を行うこと

がメインではありますが、それ以外にもチェック機関として、世界遺産の裏方を支える役割でもあります。あと、世界遺産の広報活動も主な活動。

世界遺産マニアの結論と感想

1年に1回開催される世界遺産委員会を支えるのが、世界遺産センターです。ユネスコの機関といった印象が強いですね。

余談ですが、「世界遺産センター」と検索すると、山梨の富士山世界遺産センターや静岡富士山世界遺産センターなど、日本の世界遺産の展示館が出てきますが、ユネスコのとは直接的に関係はないので注意しましょう。

※写真はイメージです
※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる