ICOMOS(国際記念物遺跡会議)とはどんな組織?簡単に解説

  • URLをコピーしました!

記念物や遺跡を保護する非政府組織であるICOMOSは、実は世界文化遺産の評価をチェックする組織でもあるのです。

今回はICOMOSを世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ICOMOSについて具体的に理解できること間違なし!

目次

ICOMOS(国際記念物遺跡会議)とは?

画像素材:写真AC

ICOMOSとは、正式名称をInternational Council on Monuments and Sitesといい、日本語だと「国際記念物遺跡会議」と訳されます。本部をフランス共和国のパリに置く非政府機関。1964年に採択されたヴェネツィア憲章の原則のもと、1965年に設立されました。

どういう組織かというと、「文化遺産保護」に関わる専門者の交流やネットワークを行い、保存技術や方法論などを普及させていくといった組織です。

ICOMOSは世界遺産にどう関わるの?

画像素材:写真AC

実はICOMOSはユネスコに変わり、世界文化遺産の調査や審査を行っているのです。世界遺産センターからの依頼を受け、世界遺産リストへ登録推薦された文化遺産(複合遺産の文化遺産の部分も)の調査や審査を行います。そして、最後に世界遺産委員会に審査報告を行うのがICOMOSの役割。

世界遺産マニアの結論と感想

日本ではあまり知名度はないですが、文化財保護のスペシャリストであるICOMOSがきちんとチェックするからこそ、文化遺産の真の価値が分かるのです。

※写真はイメージです
※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる