四川省の世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

四川省といえば、パンダの故郷としても有名ですが、世界遺産も豊富にあるんですよ。文化遺産と自然遺産、複合遺産すべて合わせてなんと5つも登録。北京市に並ぶほどの数です!

ここでは、四川省の世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

九寨溝の渓谷の景観と歴史地域 

画像素材:shutterstock

九寨溝の渓谷は、四川省の中でも北部にあるアバ・チベット族チャン族自治州にある自然保護区。「九寨溝」とはチベット族の村落を意味する「寨」が9つあることから名付けられたもの。

ここは標高4000〜4500mの岷山山脈のカルスト台地が地殻変動や氷河などの侵食で削られ、上流から流れ出る川によって谷は棚田状に湖が広がるようになりました。湖沼の水は、石灰岩からの湧き水で、太陽の光を浴びるとエメラルドやオレンジなどに反射するという構造。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「九寨溝の渓谷の景観と歴史地域」とは?世界遺産マニアが解説 九寨溝は、四川省の北部にある72平方kmもの広さを誇る自然保護区。カルスト地形の中に大小100もある、美しい輝きを放つカラフルな湖が眺められることで有名です。渓谷内は国内でも有数のジャイアントパンダの保護区でもあり、絶滅危惧種も多く生息。 ここでは、九寨溝の渓谷の景観と歴史地域がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、九寨溝について詳しくなること間違なし!

四川省のジャイアントパンダ保護区 – 臥竜、四姑娘山、夾金山脈

画像素材:shutterstock

ジャイアントパンダの生息地は、甘粛省や陝西省にもありますが、四川省は世界最大の生息地として有名。

邛崍山脈と夾金山脈に挟まれたエリアには、7つの保護区と9つの自然公園があり、合計で世界のパンダの約30%をここで保護し、研究・繁殖も行われています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「四川省のジャイアントパンダ保護区 – 臥竜、四姑娘山、夾金山脈」とは?世界遺産... 中国西南部にある四川省のジャイアントパンダ保護区には、絶滅危惧種のジャイアントパンダが30%以上も住む世界最大の生息地。邛崍山脈と夾金山脈に広がる7つの自然保護区と9つの自然公園から構成され、レッサーパンダやユキヒョウ、ウンピョウなど貴重な動物を保護しています。 ここでは、四川省のジャイアントパンダ保護区 - 臥竜、四姑娘山、夾金山脈がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、四川省のジャイアントパンダ保護区について詳しくなること間違なし!

黄龍の景観と歴史地域

画像素材:shutterstock

四川省の北西に位置する黄龍風景区は、標高4000m級の山々が連なる岷山山脈にある玉翠山の麓に位置する渓谷。ここは樹海に囲まれた渓谷沿いに3000もの湖沼が続くという景観で、これらは石灰岩層が露出していたため、氷河によって削られて形成されたという歴史を持ちます。

傾斜する渓谷に湖が並ぶことからこれが龍の鱗のように見え、「黄龍彩湖群」と名付けられました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「黄龍の景観と歴史地域」とは?世界遺産マニアが解説 中国の中央部にある黄龍風景区は、玉翠山(標高約5100m)から延びる渓谷沿いに続く湖沼群。ここは森林に囲まれた石灰岩層に水がたまって形成され、それが龍の鱗に見えることからこの名が付けられました。周囲はジャイアントパンダや金絲猴(キンシコウ)など、絶滅危惧種の動物も生息することで知られます。 ここでは黄龍の景観と歴史地域がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、黄龍について詳しくなること間違なし!

峨眉山と楽山大仏

画像素材:shutterstock

「峨眉山」は四川省の省都である成都から南東へ約170kmも離れた奥地にある聖山。中国では四大仏教聖地の一つに数えられており、後漢時代には仏教寺院が造られました。それから何世紀にも渡って寺院が多く建造。

「楽山大仏」は峨眉山から東へ約20km。岷江、大渡河、青衣江という3つの川の合流点を見下ろす丘のに8世紀に建造された、(近代以前に建設されたという点で)世界最大の磨崖仏。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「峨眉山と楽山大仏」とは?世界遺産マニアが解説 四川省にある峨眉山は、中国の四大仏教聖地。8世紀に峨眉山の近く、3つの川の重なり合う場所に、高さ71mと世界最大の磨崖仏であった「楽山大仏」が築かれました。そして、峨眉山は手つかずの自然が残っており、レッサーパンダなど絶滅危惧種も生息していることから、複合遺産にもなっています。 ここでは、峨眉山と楽山大仏がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、峨眉山と楽山大仏について詳しくなること間違なし!

青城山と都江堰

画像素材:shutterstock

省都・成都の北西に位置する都江堰市の郊外に広がる「青城山」。ここは36もの山々が並び、108の名所がある景勝地。そして、道教の創始者・張遼が布教を始めた場所であり、道教の聖地でもあります。

「都江堰」は、四川省の中央部を流れる岷江の上流に位置する水利・灌漑システムのこと。ここは紀元前3世紀に蜀群の太守であった李冰(りひょう)が洪水に悩む人々のために、川の流れを制御する堰を建造。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「青城山と都江堰」とは?世界遺産マニアが解説 中国南西部・四川省にある青城山は、道教の創始者・張遼がここで道を開き、亡くなった場所であることから、道教の聖地とされています。周囲には、岷江(びんこう)という大きな川を利用した水利施設は、紀元前3世紀に築かれ、現在も農業に利用されているという画期的な施設でした。 ここでは青城山と都江堰がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、青城山と都江堰について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

四川の世界遺産は豊かな自然の中に歴史ある建造物が並び、文化遺産1つと自然遺産3つ、複合遺産1つといった充実した内容。パンダだけでなく、美しい九寨溝や黄龍、世界最大規模だった魔崖仏など、とにかく、中国という国の魅力が詰まった世界遺産が揃うエリアですね。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる