沖縄県の世界遺産「勝連城跡」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(2), (3), (6)
登録年2000年

勝連城跡(かつれんじょうあと)は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成遺産の一つ。ここは世界遺産に登録されているグスクの中でも最も古いグスクとされています。ところで、勝連城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない!

ここでは勝連城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、勝連城跡について詳しくなること間違いなし!

目次

勝連城跡とは?

勝連城跡
画像素材:shutterstock

沖縄本島中部のうるま市。勝連半島の西側の崖の上に築かれたグスク。12世紀には既に築城が始まったとされ、島内で世界遺産に登録されているグスクの中でも築城年代が古いもの。現在の勝連城は14世紀に勝連の按司によって建造され、15世紀に按司であった阿麻和利(あまわり)がクーデターで城を奪い、居城としたものの、当時の王であった第一尚氏によって滅ぼされ、廃城となります。

ここは南城(ヘーグシク)と北城(ニシグシク)によって構成されていて、自然の丘を利用した石垣で仕切られた曲輪があり、港(南風原集落)も併設されていました。

勝連城跡はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

勝連城跡
画像素材:shutterstock

勝連城跡が評価されたのが、以下の点。

登録基準(ii)
琉球列島は、数世紀に渡って中国、韓国、東南アジア、そして日本との経済や文化的交流の中心地として発展し、それは現存する建造物によって示されているという点。

登録基準(iii)
琉球王国の文化は、その環境において独自に発展し、繁栄したということ。

登録基準(vi)
斎場御嶽など、琉球王国時代から続く聖地は、現在でも住民たちに自然崇拝や先祖崇拝の場として大切にされているという点。

世界遺産マニアの結論と感想

勝連城跡は登録されているグスクの中でも最古のもので、丘をそのまま利用して曲輪としていて、琉球王国の繁栄が見られるという点で評価されています。

ちなみに、勝連城では近年、14〜15世紀の地層にローマ帝国のコインが発見されました。これは当時の海上交易によってローマから東アジアまで運ばれたものとされ、国内でもローマ帝国のコインが発掘されるというのは非常に珍しいケースでした。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる