ベネズエラの世界遺産「カナイマ国立公園」とは?エンジェルフォールで有名な遺産を世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分自然遺産
登録基準(7), (8), (9), (10)
登録年1994年

ベネズエラ南東にあるカナイマ国立公園は、隣国のガイアナとブラジルの国境に沿って約3万平方km以上の広さを誇る公園です。公園の65%は2000mを越えるテーブルマウンテン(テプイ)で覆われており、固有種も多く生息。世界最大の落差があるエンジェルフォール(アンヘルの滝)があることでも有名です。

ここでは、カナイマ国立公園がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、カナイマ国立公園について詳しくなること間違なし!

目次

カナイマ国立公園とは?エンジェルフォールがあることで有名!

画像素材:shutterstock

南米大陸の北部にある「ギアナ高地」は、標高2000mを越えるテーブルマウンテンで知られる、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ、ブラジルの6カ国にまたがる広大なエリア。

その中でもベネズエラ南東部にある「カナイマ国立公園」は、世界最大の落差979mのエンジェルフォール(アンヘルの滝)があることで知られます。公園は熱帯雨林やサバンナなども含まれ、約3万平方km以上の広さで関東地方より少し狭い程度の広さ。人類未踏の地が多くあり、「世界最後の秘境」といわれるほど。

プレートテクトニクスの影響を受けず、約20億万年前の地層がそのまま残っているのが特徴。テーブルマウンテンは長年雨風にさらされて、柔らかい地盤だけ崩壊して、固い地盤が残り、テーブル状になったのです。公園内にはテーブルマウンテンが大小100以上あり、先住民ペモン族から「テプイ(神の家)」と崇拝されていました。

切り立った崖の上は、周囲から隔離されているため、食中植物や500種のランなどが生息し、身体中に突起物があるカエル・オリオフリネラなども見られます。公園内には4000種類の植物が生息しており、75%が固有種というほど。

登録されている主な構成遺産

アウヤンテプイ

画像素材:shutterstock

公園内にあるテーブルマウンテンの中でも、最大のもの。標高2535mで、「悪霊のテプイ」を意味します。山の周囲は約650kmもあり、東京23区を上回る大きさ。世界最大の落差を誇る滝、エンジェルフォール(アンヘルの滝)があることでも有名。

エンジェルフォール(アンヘルの滝)

画像素材:shutterstock

ギアナ高地最大のアウヤンテプイから流れ落ちる世界最大の落差(979m)を誇る滝。あまりにも高い位置から落ちるため、流れ落ちる水は途中で分散してしまい、霞のようになってしまいます。よって、滝壺は存在しないというのが特徴。

カナイマ国立公園はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

カナイマ国立公園が評価されたのが、以下の点。

登録基準(vii)
エンジェルフォールやテーブルマウンテンなど、ひときわ美しい自然が見られるという点。

登録基準(vii)
テーブルマウンテンからは約20億万年前の地層などが見られ、これは地球の歴史の主要な段階を示しているということ。

登録基準(ix)
テーブルマウンテンの頂上は、周囲から隔離されているため、独特の生態系を持つという点。

登録基準(x)
オオアルマジロ、オオカワウソ、身体中に突起物があるカエル・オリオフリネラなど、絶滅の恐れがある生物が生息するということ。

世界遺産マニアの結論と感想

「世界最後の秘境」と言われるほどに、テーブルマウンテンやエンジェルフォールは世界中でもここでしか見られない絶景が広がっています。そして、地層もかなり古く、テーブルマウンテンには、独特の進化を果たした不思議な動物も多く生息。この地形が生み出した、カエル・オリオフリネラなど特殊な動物も見られるのも評価のポイント。

ちなみに、エンジェルフォールとは言うものの、天使というわけではなく、発見者であるアメリカの飛行家ジミー・エンジェルにちなんだ名前です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる