スペインの世界遺産「アンテケーラのドルメン遺跡」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(1), (3), (4)
登録年2016年

アンテケーラは、スペイン南部にあるアンダルシア地方中心部の都市。ここには、メンガとビエラの支石墓、エル・ロメラルのトロスといった3つの巨石遺跡と、街のシンボルであるペーニャ・デ・ロス・エナモラドスとエル・トルカルという独特の景観で構成される世界遺産があります。これらは新石器時代から青銅器時代まで、巨石からまぐさの屋根やドーム型の天井を持つ部屋を作ったという点で、ヨーロッパ先史時代における優れた建築物の一つ。

ここではアンテケーラのドルメン遺跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アンテケーラのドルメン遺跡について詳しくなること間違いなし!

目次

アンテケーラのドルメン遺跡とは?

エル・ロメラルのトロス/アンテケーラのドルメン遺跡
画像素材:shutterstock

ドルメンとは支石墓を指し、新石器時代から建造された巨石墓で、支石を並べて天井石をのせるというもの。アンダルシア州マラガ県にあるアンテケーラは先史時代から人が住んでいて、ここにはまぐさ屋根(出入口の上部を横材で支える構造の屋根)の「メンガとビエラの支石墓」と、ドーム型の天井の円蓋墓の「エル・ロメラルのトロス」といった3つの巨石遺跡が残っています。これらは埋葬のために地中に作られた支石墓遺跡で、ヨーロッパの石造建築文化において重要なもの。

エル・トルカル/アンテケーラのドルメン遺跡
画像素材:shutterstock

これらの巨石遺跡は周辺の自然と親密な相互作用が見られ、街の北東部にある「ペーニャ・デ・ロス・エナモラドス(恋人達の岩)」と、南部に位置するカルスト地形の「エル・トルカル」といった2つの山々が先史時代は聖地として考えられていて、当時の埋葬と儀式の関連性が見られます。

特にエル・トルカルは、10億5000年前のジュラ紀に形成され石灰岩の地形が、第三紀(6430万年〜260万年前)に当時海底だったこの地が標高1300m以上まで持ち上げられると、石灰岩の山々が形成。やがて雨水によって侵食し、まるで石柱のような奇妙な景観が見られるようになりました。

アンテケーラのドルメン遺跡はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

メンガとビエラの支石墓/アンテケーラのドルメン遺跡
画像素材:shutterstock

アンテケーラのドルメン遺跡が評価されたのが、以下の点。

登録基準(i)
アンテケーラ盆地にある3つの巨石遺跡は、ヨーロッパの先史時代の重要な建築作品であり、最も知られるものの一つ。「メンガとビエラの支石墓」と「エル・ロメラルのトロス」は人類の創造的資質を示す傑作であるという点。

登録基準(iii)
アンテケーラのドルメン遺跡は、イベリア半島の新石器時代から青銅器時代の組織化された社会における葬式と儀式を示すもので、自然景観と結びつく巨石景観です。例えば、メンガの支石墓はペーニャ・デ・ロス・エナモラドスという擬人化した山に面していて、エル・ロメラルのトロスはエル・トルカルに向かって築かれ、イベリア半島の先史時代の遺跡の中でも西側の空に向かって建造されたという数少ないもの。この3つの巨石遺跡と2つの自然景観は失われた文化の伝統が見られるということ。

登録基準(iv)
アンテケーラのドルメン遺跡は、3つの巨石建造物で構成される傑作であり、人類の歴史の重要な段階を示すもの。これらはまぐさ屋根の「メンガとビエラの支石墓」と、ドーム型天井の円蓋墓の「エル・ロメラルのトロス」という2つの巨石建築の伝統を示し、周辺の景観もこの遺跡の独自性を高めるものであるという点。

世界遺産マニアの結論と感想

アンテケーラのドルメン遺跡は、3つの巨石建造物を含むもので、まぐさ屋根とドーム型天井の円蓋墓という巨石建築の伝統が見られ、さらにペーニャ・デ・ロス・エナモラドスやエル・トルカルという独特の景観とも関連していて、それらを含めて先史時代の埋葬と儀式のユニークな伝統が見られるという点で評価されています。

ちなみに、アンテケーラは、東はグラナダ、西はセビーリャ、南はマラガ、北はコルドバという重要都市を結んだ四角形の中央にあるため「アンダルシアの交差点」とも呼ばれます。それぞれの空港から車で約1時間の距離にあるため、大変便利な立地であることから物流センターもこの地に多く建設されています。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる