イタリアの世界遺産「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島とティネット島)」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(2), (4), (5)
登録年1997年

イタリア北西部にあるリグリア海岸は、ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレなど、入り組んだ海岸線に集落が並ぶという景観で知られます。ここは1000年に渡って人々が自然と向き合って生きてきた風景が見られることから、文化的景観として登録。

ここではポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島とティネット島)がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群について詳しくなること間違なし!

目次

ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島とティネット島)とは?

画像素材:shutterstock

イタリア北西部、西のレヴァントから東のラ・スペーツィアの間のリグーリア海岸沿いに沿って約15kmに渡って広がるエリアが登録されています。ここは断崖絶壁に沿ってブドウやオリーブ畑が何世紀にも渡って階段状に築かれていき、19世紀末に鉄道が敷かれるまで、開発がほとんどされてきませんでした。

農業用のテラスは12世紀頃から作られ、急な斜面に築かれました。これらは長さが2kmにも及ぶものもあり、壁によって区画が築かれたもの。そして、農場に従事していた人々は、海岸沿いや丘の中腹に集落を築きました。各集落には、屋根に天然石を使用した家々が並ぶというのが特徴。これらは自然の中にありながら、人間の手によって築かれたことから、文化的景観として登録されています。

ポルトヴェーネレ

画像素材:shutterstock

リグーリア海岸から突き出た半島に位置する港町で、その歴史はローマ時代に遡ります。ここは「ヴィーナスの港」という意味で、周囲の商業と文化の中心地でもあり、海岸線に沿って家々が並ぶという景観が特徴。12世紀後半に高台に築かれたサン・ロレンツォ聖堂はロマネスク様式の建築物で、ここからは美しい町並みが一望できます。

ここはイギリスのロマン派の詩人であるバイロンによって愛されたことでも有名で、創作のイメージを与えたという「バイロンの洞窟」と呼ばれる場所もあります。

チンクエ・テッレ

画像素材:shutterstock

ポルトヴェーネレの東に広がる、イタリア語で「5つの土地」という意味の通り、5つの集落が約20kmの間隔で点在することからこの名が付けられています。東からビーチが広がる「モンテロッソ・アル・マーレ」、カラフルな家々が並ぶ「ヴェルナッツァ」、チンクエ・テッレで唯一海に面していない「コルニリア」、有名なワイナリー「シャケトラ」の博物館がある「マナローラ」、愛の小道と呼ばれる海岸遊歩道がある「リオマッジョーレ」と、それぞれ個性的な集落が点在。

小島群

画像素材:shutterstock

ポルトヴェーネレの向かいに浮かぶ、パルマリア島、ティーノ島、ティネット島の3つの島も世界遺産として登録。パルマリア島は、考古学遺跡やかつての軍事施設跡などが点在しています。パルマリア島の近海に浮かぶティーノ島とティネット島にはキリスト教関連の宗教遺跡が存在。

ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島とティネット島)はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群が評価されたのが、以下の点。

登録基準(ii)
リグーリア海岸東部の沿岸地域は1000年にも渡って伝統的な生活が続けられ、文化が築かれてきたということ。

登録基準(iv)
リグーリアの沿岸地域には、1000年に渡って険しい地形に階層のように小さな町と畑が築かれてきたという点。

登録基準(v)
ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島とティネット島)は1000年以上も人々によって自然を開拓した文化的景観が見られるということ。

世界遺産マニアの結論と感想

リグーリア海岸東部の海岸は断崖絶壁が続く険しい地形に1000年以上にも渡って人々がオリーブやブドウ畑などを築き、小さな町が点在するという人工の景観そのものが評価されています。

チンクエ・テッレは白ワインが有名で、辛口タイプのワインと甘いデザートワインなどで知られます。リグーリア州の魚料理とも相性は抜群で、日本でも気軽に手に入れることもできるのでぜひ試してみてくださいね。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる