シンガポールの世界遺産「シンガポール植物園」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
録基準(2), (4)
登録年2015年

シンガポール植物園は、シンガポール島の中心に位置する広大な植物園。1859年にローレンス・ニーベンにより開園し、植物の保護と教育の両方で世界最高レベルの機関となっています。植民地植物園として活躍し、特に東南アジアのゴムのプランテーションにおいては大きな役割を果たしてきました。

ここでは、シンガポール植物園がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、シンガポール植物園について詳しくなること間違なし!

目次

シンガポール植物園とは?

画像素材:shutterstock

シンガポール市の中心部に位置し、1859年に設立。もともとはシンガポールの創設者・トーマス・ラッフルズにより、実験植物園などが設立されており、植民地で飼育するような野菜や果物などを育てていました。そして、政府から現在の植物園がある場所に、農業園芸協会が植物園を設立。ローレンス・ニーベンを雇い、彼に設計と植物の配置を任せました。今の植物園はニーベンによるデザインがベースととなっています。

ここは、英国の熱帯植物園の優れた例で、植民地植物園から植物の研究機関へと発展したものとして評価されています。特に1875年から東南アジアで進められたゴムのプランテーションでは、重要な役割を果たしました。現在は植物の研究、保護、教育の拠点としても活躍しています。

国立洋ラン園 (ナショナル・オーキッド・ガーデン)

画像素材:shutterstock

植物園の中でも最も有名なスポット。約6万株の洋ランが植えられており、世界のVIPもここを訪れています。ちなみに、訪れたVIPには新種の名前が付けられるというのが伝統。

シンガポール植物園はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

シンガポール植物園が評価されたのが、以下の点。

登録基準(ii)
英国の知識を吸収した植物園は、東南アジアの植物研究の拠点となり、ゴムのプランテーションの拡大に大きく貢献しているという点。

登録基準(iv)
シンガポール植物園は、デザインも優れており、英国の植民地植物園から発展した現役の植物園として優れた例であるということ。

世界遺産マニアの結論と感想

シンガポール植物園は19世紀に開園し、現在でも現役という点も評価されていますが、植民地で栽培する植物の研究機関として活躍したというのもポイント。

ちなみに、園内にあるショウガ園では、1000種類のショウガを見学できますが、シンガポールでは「ジンジャーチキン」といったショウガをたっぷり使った蒸し鶏の料理があったりします。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる