タイの世界遺産「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(1),(3)
登録年1991年

スコータイは、13〜14世紀に栄えたスコータイ王朝の首都。広大な遺跡の中に、ワット・マハータートやワット・シーチュムなど、かつて繁栄した王国の姿が現在でも残っています。

ここでは、スコータイがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、スコータイについて詳しくなること間違なし!

目次

スコータイとは?

画像素材:shutterstock

スコータイはタイ北部にある古都で、13〜14世紀のスコータイ王朝時代には首都となった場所でした。ここはタイの建築史の始まりと言える場所。スコータイ王朝で発展した都市建築は、その後のタイの諸都市において多くの影響を与えていきました。ここで確立したタイ独自の「スコータイ様式」の建築法はやがてタイ中部で栄えることになるアユタヤ王朝へとつながっていきます。

登録されている遺産は、現在のタイの北部に位置するスコータイ県とカムペーンペット県にあり、スコータイ時代の遺跡は3つの歴史公園から構成されています。

スコータイの構成遺産をご紹介!

スコータイ歴史公園

スコータイは、13〜15世紀に栄えたスコータイ王朝の首都だった場所。現在は廃墟となっており、公園となっています。公園は東西1.8km、南北1.6kmの城壁に囲まれ、中心部には王宮や仏教寺院などが多く残る遺跡公園。城壁の東西南北、それぞれに仏教遺跡が点在しています。

・ワット・マハータート

画像素材:shutterstock

13世紀創設。王国の中心的な仏教寺院で、中心は仏塔があり、敷地内には仏像などが多く点在しています。スコータイ様式だけでなく、さまざまな建築様式で作られているのが特徴。

・ワット・サシー

画像素材:shutterstock

14世紀末に作れられたと考えられている小さな寺院。池の島に浮かぶ寺院で、スリランカ式の仏塔もあります。

・ワット・シーチュム

画像素材:shutterstock

13世紀に着工し、14世紀末に完成した寺院。シー・チュムは「菩提樹の森」をいう意味で、中央の巨大な仏堂は高さ15.6m。仏堂にある大仏は遺跡内最大の大きさで、スコータイのシンボル的な存在。

シーサッチャナーライ歴史公園

画像素材:shutterstock

シーサッチャナーライはスコータイの北側に位置する第2の都市でした。もともとは副王の居住地として建設されたもの。ここは宗教都市的な役割があり、数多くの寺院や仏教僧院がありました。ここでは、中国から陶磁器の製法を取り入れ、国内でも陶磁器産業の中心地でもありました。

カムペーンペット歴史公園

画像素材:shutterstock

カムペーンペットは「金剛の城壁」という意味があり、王国の南側に位置していました。都市としては、ビルマなどの侵入者から王国を守り、王国の通商ネットワークを安全に繋げるという重要な機能を持っていました。

スコータイはどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

スコータイが評価されたのが、以下の点。

登録基準(i)
町の計画から多くの仏教建築、配水などのインフラなど、充実した都市であったということ。

登録基準(iii)
タイ初期の芸術と建築、言語、文学、宗教などがスコータイにて開花したという点。

世界遺産マニアの結論と感想

スコータイという言葉には、「幸福の夜明け」という意味があります。雲南から南下してきたタイ族初の王朝ということだけあって、建築様式など、その後のタイ族が開く王国の基礎を作ったという点で重要です。

ちなみに、スコータイの遺跡はとにかく広大。しかも、解説などが少ないので、中心部以外は事前に勉強していないと何を見ているのか分からない…という状態に陥ります。しかも、城壁の西側と南側は訪れる人も少ないので、自転車やバイクなどでのんびりと巡るのもいいですが、迷子にならないように気をつけましょう。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる