ソウルの世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

ソウル特別市は、現在も韓国の首都でありますが、かつては李氏朝鮮の首都でもあったために、14世紀から王族に関係する施設が多く建造。市内には4つの世界遺産があって、どれも李氏朝鮮に関係する世界遺産というのが特徴です!

ここでは、ソウルの世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

宗廟

画像素材:shutterstock

ソウル特別市の北側に位置する宗廟は、李氏朝鮮時代の王と王妃の位牌を収めた祖先祭祀場。ここは歴代王にとって彼らの正当性を示すシンボル的存在で、国家の安全を願って儀式を行っていました。

宗廟はもともと1395年に初代国王・李成桂によって建造されたもの。彼は1394年にソウルを首都とすると、祖先4代の位牌を納めた祭祀場を建造。ここは李氏朝鮮時代の国教であった儒教の思想に基づいて建造され、正殿と永寧殿(ヨンニョンジョン)の2つのメインの建造物が中心です。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
韓国の世界遺産「宗廟」とは?無形文化遺産も含めて世界遺産マニアが解説 首都ソウル市内にある宗廟は、14〜20世紀に使用されていた李氏朝鮮王朝の祖先祭祀場。現在の建築物は17世紀から存在し、歴代皇帝の位牌が置かれてます。ここは16世紀から毎年5月に王を祀る宗廟祭礼祭が行われていて、ここは無形文化遺産にも登録。 ここでは、宗廟がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、宗廟について詳しくなること間違なし!

昌徳宮

画像素材:shutterstock

ソウル北部の鍾路区に位置する昌徳宮は、15世紀初頭に李氏朝鮮の第3代の王・太宗によって築かれた離宮。法宮(正宮)である景福宮の離宮ではあったものの、16世紀からは正宮として使用されていたことも。

郊外に築かれたものだけあって、中心部とは違い、自然を取り入れて造られたという点が特徴。敷地の南側には宮殿があり、北側に秘苑と呼ばれる広大な庭園が広がっています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
韓国の世界遺産「昌徳宮」とは?世界遺産マニアが解説 首都ソウルの北に位置する昌徳宮は、15世紀初頭に李氏朝鮮の第3代の王・太宗によって築かれた離宮。法宮(正宮)である景福宮の離宮ではあったものの、16世紀からは正宮として使用されてたことも。本殿や門などは一部は創建時のまま残されていて、宮殿の北側に広がる秘苑と呼ばれる庭園は周囲の自然を見事に取り入れた傑作。 ここでは、昌徳宮がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、昌徳宮について詳しくなること間違なし!

南漢山城

画像素材:shutterstock

ソウルの南東25kmの山岳地帯に位置し、臨時首都にもなるように設計された山城。最古の建築物跡は7世紀に遡るとされますが、現在見られる山城は17世紀に当時の清国が韓国へと侵攻してきた際の防衛を目的に整備されました。

ここは当時最先端の武器である西洋式火薬からの防御に備えられていて、日本と中国の築城技術が取り入れられています。そして、南漢山城は韓国内の要塞建築にも影響を与えました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
韓国の世界遺産「南漢山城」とは?世界遺産マニアが解説 南漢山城は、ソウルの南東に位置する山城。ここは李氏朝鮮時代の臨時首都としての機能も持つ要塞でした。古来からこの地には要塞はありましたが、現在見られるものは17世紀初頭に中国からの侵攻に備えて完成させたもの。ここは当時最先端の武器である西洋式火薬からの防御に備えていて、日本と中国の築城技術が取り入れられています。やがて韓国の要塞建設に影響を与えました。 ここでは、南漢山城がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、南漢山城について詳しくなること間違なし!

朝鮮王陵

画像素材:shutterstock

韓国の国内には、李氏朝鮮の歴代の王が眠る王墓が多く残り、その中の18箇所40基が世界遺産に登録されています。これは儒教信仰に基づく先祖崇拝を示しているもの。

ソウル特別市は、李氏朝鮮時代の首都だけであって、初代の太祖李成桂だけでなく、3代の太宗・李芳遠、11代の中宗・李懌、20代の景宗・李昀などの王陵が残されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
韓国の世界遺産「朝鮮王陵」とは?世界遺産マニアが解説 韓国内には、李氏朝鮮(1392〜1897年)の歴代の王が眠る王墓が、18箇所40基が世界遺産に登録されています。王の遺体は韓国各地に残る王墓に納められ、魂はソウルにある宋陵に祀られるという様式になっていて、これは儒教信仰に基づく先祖崇拝を示しているもの。 ここでは朝鮮王陵がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、朝鮮王陵について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

ソウルはかつての李氏朝鮮の王都だけあって、登録されている4つの世界遺産はすべて李氏朝鮮に関係するもの。500年に渡って首都であったために、豪華絢爛であった宮殿や彼らの霊廟、堅固な山城まで、韓国の歴史に関係したものが並ぶのが特徴です。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる