カンボジアの世界遺産「アンコール・トム」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(1),(2),(3),(4)
登録年1992年

アンコール・トムは「アンコール遺跡」の構成遺産の一つ。ここはかつて王宮と寺院などが融合した城砦都市の跡で、中心には人面像が多く配されたバイヨン寺院があることでも知られます。ところで、アンコール・トムはなぜ世界遺産なのでしょうか?

ここではアンコール・トムがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アンコール・トムについて詳しくなること間違いなし!

目次

アンコール・トムとは?

アンコール・トム
画像素材:AdobeStock

カンボジア北西部のシェムリアップ州にあるアンコール遺跡は、かつてのクメール王朝(802〜1431年)の首都だった場所。ここは12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世(1125年〜1218年?/1220年?)によって建造された城砦都市の遺跡で、「トム」はクメール語で「大きい」といったことを意味し、防御を重視して建造されたもの。3平方kmの正方形の都市には、今でも幅100mの堀で囲まれています。

都市は城壁に囲まれており、南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門が配置されていました。各城門には、観音菩薩の彫刻が施されているのが特徴。中央には須弥山(メール山)を模したバイヨン寺院があります。

バイヨン寺院の近くには、王宮の遺構が残っていて「ピミアナカス」や「パブーオン」など、アンコール・トムが建設される前の寺院跡も残っています。他には、軍隊を眺望する基壇として利用された「象のテラス」や「ライ王のテラス」などもあり、ここには美しい彫刻が残ることでも有名。

バイヨン寺院

バイヨン寺院/アンコール・トム
画像素材:shutterstock

中央祠堂をはじめ、塔の周囲に4つの人面像が多く配されていて、これは「クメールの微笑み」と呼ばれる独特の建築様式。アンコール・ワットはヒンドゥー教寺院ですが、ジャヤーヴァルマン7世は仏教を信仰したため、バイヨンは仏教寺院となっています。

アンコール・トムはどんな理由で世界遺産に登録されているの?

バイヨン寺院/アンコール・トム
画像素材:AdobeStock

アンコール・トムが評価されたのが、以下の点。

登録基準(i)
アンコール遺跡は、アンコールワット、バイヨン寺院、パンテアイ・スレイなど、9〜15世紀までのクメール美術の傑作が見られるということ。

登録基準(ii)
アンコールで発展したクメール美術は、東南アジア全域で影響を与え、各地で独自に発展していったという点。

登録基準(iii)
密林に残る遺跡は9〜15世紀に東南アジアの大部分を支配したクメール王朝の存在を示しているということ。

登録基準(iv)
クメール様式の建築は、各地で独特の進化を遂げ、結果的に東南アジアの建築と美術の新しい様式を生み出していったということ。

世界遺産マニアの結論と感想

アンコール・トムは、かつて東南アジアでも繁栄したクメール美術の傑作であり、この地で確立した建築様式が各地へと伝えられていったという点で評価されています。

ちなみに、ジャヤーヴァルマン7世は新しい都市を築いたという功績だけでなく、彼は領地に病院を多く建造されたという点でも知られます。碑文からも国民の健康を特に気にしていて、王自身が自ら薬剤の供給に関わるほど積極的だった様子。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる