イタリアの世界遺産「ムラーノ島」とは?ヴェネツィアン・グラスを含めて世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(1),(2),(3),(4),(5),(6)
登録年1987年

ムラーノ島は「ヴェネツィアとその潟」の構成遺産の一つ。直径約1.5kmの小さな島には、ガラス工房が多くあり、世界に名高いヴェネツィアン・グラスが生産されてきた場所。ところで、ムラーノ島はなぜ世界遺産なのでしょうか?

ここではムラーノ島がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ムラーノ島について詳しくなること間違いなし!

目次

ムラーノ島とは?

ムラーノ島
画像素材:shutterstock

ヴェネツィア本島から北へ約1kmの位置にある7つの島で構成される群島。直径は約1.5kmと小さな島で人口は6000人ほど。ここはローマ時代から人々が暮らし、かつては漁と塩の生産で生計を立てていました。13世紀になると共和国政府が産業保護のため、ヴェネツィア本島のガラス職人はこの島へと移住することとなり、やがてガラス生産で有名な島へと変化。ヴェネツィアン・ガラスは今でも島の主要産業となっていて、ガラス工房が並んでいます。

島には、ビザンティン様式のサンティ・マリア・エ・ドナート教会や、ヴェネツィア派の宗教画が多く残っているサン・ピエトロ・マルティーレ教会などがあります。

ムラーノ島はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

ムラーノ島
画像素材:shutterstock

ムラーノ島が評価されたのが、以下の点。

登録基準(i)
潟(ラグーン)に浮かんでいるように見えるヴェネツィアは、世界でも建築物の傑作が並ぶ都市の一つであるという点。

登録基準(ii)
ヴェネツィアの都市構造は、アドリア海や東地中海の都市に大きな影響を与えたということ。

登録基準(iii)
かつて世界中の海と文化をつないだヴェネツィアは、現在でも存在し続けているという点。

登録基準(iv)
町にはヴェネツィア共和国時代の技術を示す建築物が多く残るということ。

登録基準(v)
ヴェネツィア周辺の潟(ラグーン)は、独特の生態系を持ち、これを利用した漁村や小屋、耕作地なども価値が高いという点。

登録基準(vi)
マルコ・ポーロが世界を地中海を越えて世界を冒険したように、ヴェネツィアの商人の開拓精神は、人類の歴史の発展に貢献したということ。

世界遺産マニアの結論と感想

ムラーノ島は、かつて東西貿易で繁栄したヴェネツィア共和国がガラス職人をこの島で管理し、今でも多くの工房が残っているという点で評価されています。

ちなみに、クロスオーバーSUVの「日産・ムラーノ」はこの島の名前から由来。ヴェネツィアン・グラスのような芸術的なシルエットを連想して、この名前を採用したそう。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる