スリランカの世界遺産「聖地アヌラーダプラ」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(2), (3), (6)
登録年1982年

スリランカ北部にある古都アヌラーダプラは、紀元前4世紀から11世紀までアヌラーダプラ王国の王都だった地。ここには紀元前3世紀にインドから仏教がもたらされ、多くの寺院や仏塔が並ぶ聖地となり、インド北部のブッダガヤから運ばれた菩提樹も置かれ、多くの巡礼者が訪れています。

ここでは聖地アヌラーダプラがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アヌラーダプラについて詳しくなること間違なし!

目次

聖地アヌラーダプラとは?

画像素材:shutterstock

スリランカ北中部州の州都でもあるアヌラーダプラは、紀元前4世紀から11世紀までアヌラーダプラ王国だった都市(一時的にシーギリヤなどに遷都したことも)。ここは紀元前3世紀に、インド本土からマウリヤ朝の王で仏教を広く布教したアショーカ王の息子・マヒンダがこの地を訪れ、マハーヴィラーラ寺院を築き、スリランカの布教の基点としたとされます。インドのブッダガヤで仏陀が瞑想していた菩提樹の小枝が分け木として持ちこまれ、今もこの地で栽培されています。

その後、王都には寺院と仏陀の遺体の一部が納められたというストゥーパ(仏塔)が多く建造され、ここは聖地として大いに栄えました。しかし、11世紀に南インドからチョーラ朝が侵入し、アヌラーダプラ王国と都は崩壊。首都は南東のポロンナルワへと移ります。

登録されている主な構成遺産

スリー・マハー菩提樹(マハーヴィハーラ寺院)

画像素材:shutterstock

紀元前3世紀にマヒンダがマウリヤ朝アショーカ王の娘、サンガミッターを呼び寄せた際に、仏陀が悟りを開いたとされるブッダガヤの菩提樹の枝木を瓶に入れて持ち込んだとされるもの。現在の菩提樹は柵で囲まれていて、その近くには寺院や仏塔などが並びます。

トゥーパーラーマ仏塔

画像素材:shutterstock

トゥーパーラーマ寺院は、マヒンダがこの地を訪れた際に、最初に建造したという寺院内にある仏塔。ここは紀元前3世紀に建造されたものですが、その後何度か破壊・修復を繰り返し、現在見られるのは1842年に再建されたもの。現在の塔は高さ18mとなっていて、その周りに2列の石柱が並ぶという構造は独特。

アバヤギリ仏塔

画像素材:shutterstock

町の北部にある僧院内にある仏塔で、紀元前1世紀に建造されたアヌラーダプラ最大の仏塔で高さはなんと75mにも及びます。ここはヒンドゥー教の影響が見られるものの、国内の大乗仏教の総本山であったものの、12世紀に上座部仏教派であったマハーヴィハーラ寺院との争いに負けると、スリランカから大乗仏教は消え、廃墟になってしまいました。

聖地アヌラーダプラはどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

アヌラーダプラが評価されたのが、以下の点。

登録基準(ii)
インドから訪れたマヒンダが仏教を伝えたとされ、彼がもたらしたスリー・マハー菩提樹など、大陸からの影響を受け、ここには多くの寺院や僧院が建造されたということ。

登録基準(iii)
アヌラーダプラに残る仏塔や寺院などは、かつてここがアヌラーダプラ王国の首都であったことを示すという点。

登録基準(vi)
伝説ではあるものの、マヒンダが仏教をこの地に伝え、今でも聖地となっていて、仏教は現在でもスリランカの大多数を占める宗教であるということ。

世界遺産マニアの結論と感想

ここはかつてのアヌラーダプラ王国の首都であり、インドから仏教が伝えられると、多くの仏塔や寺院が建造され、現在も聖地として巡礼者を集めているという点で評価されています。

ちなみに、アヌラーダプラ、ポロンナルワ、キャンディなどの古都を三角形で結ぶと、その中にはシーギリヤ、ダンブッラなど、世界遺産だらけというエリア。ここは1980年から考古局が「文化三角地帯」と称して遺跡保全プロジェクトを行っていて、その成果として1982年にアヌラーダプラ、ポロンナルワ、シーギリヤが世界遺産となったことから、このプロジェクトが注目を浴びました。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる