スリランカの世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

スリランカはインドの南東に浮かぶセイロン島を中心とした島国。セイロンティーで有名ですが、古くから続く仏教国で、国内には仏教遺跡が多く点在し、それらは世界遺産に登録されています。ところで、スリランカの世界遺産はいくつあるでしょうか?

ここでは、スリランカの世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

聖地アヌラーダプラ

聖地アヌラーダプラ/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

スリランカ北中部州の州都でもあるアヌラーダプラは、紀元前4世紀から11世紀までアヌラーダプラ王国の王都だった都市(一時的にシーギリヤなどに遷都したことも)。

ここには紀元前3世紀にインドから仏教がもたらされ、多くの寺院や仏塔が並ぶ聖地となり、インド北部のブッダガヤから運ばれた菩提樹も置かれ、多くの巡礼者が訪れています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「聖地アヌラーダプラ」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカ北部にある古都アヌラーダプラは、紀元前4世紀から11世紀までアヌラーダプラ王国の王都だった地。ここには紀元前3世紀にインドから仏教がもたらされ、多くの寺院や仏塔が並ぶ聖地となり、インド北部のブッダガヤから運ばれた菩提樹も置かれ、多くの巡礼者が訪れています。 ここでは聖地アヌラーダプラがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アヌラーダプラについて詳しくなること間違なし!

古都ポロンナルワ

古都ポロンナルワ/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

ポロンナルワは、スリランカ北中部州にあるポロンナルワ王国時代の首都だった場所です。ポロンナルワ王国は現在でもスリランカで最も人口の多い民族・シンハラ人による王朝で、11世紀にかつての首都であり、北西に位置していたアヌラーダプラから遷都し、築かれました。

12世紀後半にパラークラマ・バーフ1世によって広大な人造湖が作られ、湖畔には壮麗な宮殿や寺院が建設されました。特にガル・ヴィハーラ寺院の涅槃仏はスリランカ仏教美術の傑作とされるもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「古都ポロンナルワ」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカ中部にあるポロンナルワは、11〜13世紀に繁栄したポロンナルワ王国の首都であった場所。12世紀後半にパラークラマ・バーフ1世によって広大な人造湖が作られ、湖畔には壮麗な宮殿や寺院が建設されました。特にガル・ヴィハーラ寺院の涅槃仏はスリランカ仏教美術の傑作とされるもの。 ここでは古都ポロンナルワがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ポロンナルワについて詳しくなること間違なし!

古都シーギリヤ

古都シーギリヤ/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

シーギリヤはスリランカの中部州のマータレーから北へ約65kmの位置にあります。森に突如として現れる「シーギリヤ・ロック」は高さ約180mの花崗岩の上にある、5世紀末にシンハラ王国のカッサパ1世によって建造された天空都市。

岩山の西側に描かれた「シーギリヤ・レディ」はスリランカ美術を代表する作品。華やかな衣装を着た天女を野菜や花、木などを使った染料を使って描いたフレスコ画で、王宮に住んでいた女性たちをモデルにしたとされています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「古都シーギリヤ」とは?シーギリヤロックに築かれた王宮跡を世界遺産マニアが解説 スリランカ中央部にあるシーギリヤは、高さ約180mの「シーギリヤロック」と呼ばれる花崗岩の上に築かれた要塞を中心とした都市遺跡。シンハラ王国のカッサパ1世によって建造された王宮は、世界でも稀に見る天空都市です。 ここでは、古都シーギリヤがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、シーギリヤについて詳しくなること間違なし!

聖地キャンディ

聖地キャンディ/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

スリランカ中部州の州都であるキャンディは、紀元前5世紀から続いたシンハラ王朝の最後の王国・キャンディ王国の首都があった場所。

ここには仏陀の犬歯を納めたダラダー・マーリガーワ寺院(佛歯寺)があることで有名となり、聖地として多くの巡礼者が今でも訪れます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「聖地キャンディ」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカ中央部にあるキャンディは、15〜19世紀にこの地を支配したキャンディ王国の首都だった場所。ここには仏陀の犬歯を納めたダラダー・マーリガーワ寺院(佛歯寺)があることで、有名な聖地として多くの巡礼者が今でも訪れます。 ここでは、聖地キャンディがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、キャンディについて詳しくなること間違なし!

ゴールの旧市街と要塞

ゴールの旧市街と要塞/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

ゴールは南部州の州都。ここはスリランカ南部の最大の都市で、古くから海のシルクロードの中継地として多くの人々が立ち寄る都市でした。

16世紀からポルトガル、オランダ、イギリスなど支配者は変わっていったため、ヨーロッパの建築様式と南アジアの伝統建築が融合した要塞都市の名残が今でも見られます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「ゴールの旧市街と要塞」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカ南部にあるゴールは、中国と中東を結ぶ「海のシルクロード」の中継地点として繁栄した都市。16世紀からポルトガル、オランダ、イギリスなど支配者は変わっていったため、ヨーロッパの建築様式と南アジアの伝統建築が融合した要塞都市の名残が今でも見られます。 ここではゴールの旧市街と要塞がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ゴールについて詳しくなること間違なし!

シンハラジャ森林保護区

シンハラジャ森林保護区/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

スリランカの南西部にあるシンハラジャ森林保護区は標高は300〜1170mもの高低差があり、起伏のある地形に小川が流れ、渓谷が形成。年間降水量は3600〜500mmにもなり、豊かな生態系が見れるのが特徴です。

スリランカの植物の固有種は830種ほど生息しますが、ここはそのうち約500種も存在するという貴重な森でもあります。特に鳥類は20種のうち19種も固有種で、絶滅危惧種のセイロンサンジャクなどが生息。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「シンハラジャ森林保護区」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカの南西部にあるシンハラジャ森林保護区は、世界でも数少ない原生の熱帯雨林を残す地。ここは植物は60%以上が固有種、哺乳類と蝶は50%以上も固有種、さらにはセイロンサンジャクなどの固有種も見られるため、ユネスコの生物保護区になるほどに貴重な森となっています。 ここではシンハラジャ森林保護区がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、シンハラジャ森林保護区について詳しくなること間違なし!

ダンブッラの黄金寺院

ダンブッラの黄金寺院/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

スリランカ中部のダンブッラは古来から交通の要衝で、ここには5つの石窟で構成された黄金寺院があります。ここはシンハラ王朝の王ワッタガーマニー・アバヤが追放された時にダンブッラの僧たちによって匿れたことから、感謝の意を示すために築かれたもの。

金箔で覆われた全長14mの涅槃仏などがあることから黄金寺院と呼ばれ、石窟は各時代に建造された仏像や壁画で覆い尽くされています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「ダンブッラの黄金寺院」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカ中部にあるダンブッラには、紀元前1世紀に遡るスリランカ最大の仏教石窟寺院があります。ここはシンハラ王朝の王ワッタガーマニー・アバヤが追放された時にダンブッラの僧たちによって匿れたことから、感謝の意を示すために築かれたもの。金箔で覆われた全長14mの涅槃仏などがあることから黄金寺院と呼ばれ、石窟は各時代に建造された仏像や壁画で覆い尽くされています。 ここではダンブッラの黄金寺院がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ダンブッラの黄金寺院について詳しくなること間違なし!

スリランカの中央高地

スリランカの中央高地/スリランカの世界遺産
画像素材:shutterstock

スリランカの中南部に位置するピーク・ウィルダーネス保護区、ホートン・プレインズ国立公園、ナックルズ保護森林の3つの保護区が合わさり、合計で56平方kmもの敷地が登録。標高2500mにも達する熱帯雨林帯は太古から生息していて、ここはスリランカでも固有種が多く見られる地でもあります。

古くから残る熱帯森林には、カオムラサキラングールやホートン・プレインズラングール、スリランカラングールなど絶滅危惧種を含む、生物多様性のホットスポットでもあります。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スリランカの世界遺産「スリランカの中央高地」とは?世界遺産マニアが解説 スリランカの中南部に位置するピーク・ウィルダーネス保護区、ホートン・プレインズ国立公園、ナックルズ保護森林の3つの保護区は標高2500mにも達する山岳森林地帯が広がるエリア。古くから残る熱帯森林には、カオムラサキラングールやホートン・プレインズラングール、スリランカラングールなど絶滅危惧種を含む、生物多様性のホットスポットでもあります。 ここではスリランカの中央高地がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、スリランカの中央高地について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

スリランカは、文化遺産6件と自然遺産2件と合計で8つもの世界遺産が登録。シーギリヤロックのような印象的な遺跡で有名ではありますが、古くからの仏教国であるために過去の王朝の繁栄が見られる遺跡もまた魅力ですよ!

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる