ロシアの世界遺産「バイカル湖」とは?世界一深い?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分自然遺産
登録基準(7),(8),(9),(10)
登録年1996年

ロシア南東部にあるバイカル湖は「シベリアの真珠」と呼ばれ、世界一の透明度を誇ります。水深約1700mと世界で一番の深さで、約2500万年前に形成と世界で最も古い湖でもあり、豊かな生物相を誇り、淡水に生息するバイカルアザラシが見られることでも有名。

ここではバイカル湖がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、バイカル湖について詳しくなること間違なし!

目次

バイカル湖とは?世界一深い湖?

画像素材:shutterstock

バイカル湖は、シベリア連邦管区にあるブリヤート共和国とイルクーツク州、ザバイカリエ地方にまたぐ三日月型の湖。面積は3万2000kmとアジア最大の広さではあり、深さは約1700mと世界で一番深い湖です。その誕生は約2500万年前に形成され、世界でも最も古い湖でもあります。ここは世界一の透明な湖としても知られ、湖底で地震が発生するため、化学物質や鉱物が浄化するという構造に。

世界でも最大級の貯水量を誇り、栄養素がないのにもかかわらず、生物相は豊かでもあります。水生生物は固有種も多く、1500種以上も生息しているほど。ヨコエビ類の端脚類などが、適応放散で固有種が多く存在することから、「ロシアのガラパゴス」とも呼ばれます。

バイカルアザラシ

画像素材:shutterstock

世界で唯一の淡水のみで生息するというアザラシで、バイカル湖を代表する生物。北極海から川を渡ってたどり着いたアザラシが独自に進化したものとされ、潜水が得意で数十分も続けられるという抜群の運動量を誇ります。そして、湖のエビなどを捕食していて、生態系の頂点に位置する生物。

バイカル湖はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

バイカル湖が評価されたのが、以下の点。

登録基準(vii)
バイカル湖は世界で最も古く、世界で最も深い湖であるという点。

登録基準(viii)
300を越える川から湖へ水が流れ落ちるにもかかわらず、流れ出るのはアンガラ川のみのため、ここには世界の凍結されていない淡水の総貯水量の約20%も存在するということ。

登録基準(xi)
「ロシアのガラパゴス」として知られ、固有種も多く、世界でも数少ない淡水生物の種類が多く見られる場所であるという点。

登録基準(x)
バイカル湖は水質汚染も問題になっており、固有種の中でも絶滅に瀕している生物もいるということ。

世界遺産マニアの結論と感想

世界で最も古く、世界で最も深く、世界で最も透明度が高いと、世界一だらけの湖ですが、ここは淡水湖としての貯水量も多く、淡水生物が独自で進化して「ロシアのガラパゴス」と呼ばれるほどに固有種が見られるという点で評価。しかし、水質汚染のため、絶滅に瀕している生物がいるというのも問題になっています。

ちなみに、バイカル湖の名物といえば、サケ科の白身魚であるオームリ。燻製や塩漬けにして食べられていてその味わいは絶品。日本でも養殖を図ったものの、結局成功はしませんでした。近縁種は成功させることができたので、いつかは養殖できるようになってほしいですね。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる