ボツワナの世界遺産「オカバンゴ・デルタ」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分自然遺産
登録基準(7), (9), (10)
登録年2014年

ボツワナ北西部にある一帯は、オカバンゴ・デルタと呼ばれ、ここは湿地帯で季節ごとにオカバンゴ川が氾濫すると、アフリカ最大規模の内陸デルタ地帯となることで有名。ここは人間が定住するのが難しい環境のため、チーターやシロサイ、アフリカゾウなど、絶滅危惧種を含めて大型哺乳類の楽園でもあります。

ここではオカバンゴ・デルタがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、オカバンゴ・デルタについて詳しくなること間違なし!

目次

オカバンゴ・デルタとは?

画像素材:shutterstock

オカバンゴ・デルタは、ボツワナの北西部に広がる広大なエリアで、カラハリ砂漠の中にあるデルタ地帯のこと。登録されているのは、約2万平方kmとアフリカでも最大級の内陸デルタ地帯となっています。

オカバンゴ川は、隣のアンゴラを源流とする約1500kmもの広大な河川で、一年を通じて存在する湿地帯が乾季になると、オカバンゴ川の源流が雨季となり、水が大量に流れ込みます。これによって湿地帯に水が溢れ、それが砂漠の中へと消えていくという仕組み。こうして雨季と乾季で環境を変わることにより、動植物の生態系が大きく変わることが特徴です。

画像素材:shutterstock

湿地帯である上に洪水によって、人が定住することが難しい環境であるため、野生動物の楽園となっています。ここにはアフリカゾウ、チーター、シロサイ、クロサイ、ライオンなどの哺乳類を含め、鳥類や水生生物なども多く生息。1996年には、湿地帯の生態系を守るという国際条約・ラムサール条約にも登録されています。

ボツワナは世界最大のゾウの個体数を保持していて、その数は約13万頭にも及びます。特に、オカバンゴ・デルタは、多くのアフリカゾウが生息していることでも有名。

オカバンゴ・デルタはどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

オカバンゴ・デルタが評価されたのが、以下の点。

登録基準(vii)
乾季のカラハリ砂漠に、雨季になるとオカバンゴ川から水が流れ出て氾濫が起こると、生態系が活発になり、動物が多く生息できるようになるという点。

登録基準(ix)
オカバンゴ・デルタは、気候や地形、水量、動物によって相互作用を起こすという優れた例であるということ。

登録基準(x)
オカバンゴ・デルタでは、その自然環境により、チーターやシロサイ、クロサイ、ライオンなど絶滅危惧種の生息数が多く、植物、魚類、爬虫類、鳥類などの保護区にもなっているという点。

世界遺産マニアの結論と感想

オカバンゴ・デルタは、湿地帯にオカバンゴ川から流れ出てくることで周囲が氾濫し、アフリカでも最大規模の内陸デルタとなり、そこでは生態系が活発になるという点で評価。そして、人の定住が難しい環境であるということで、絶滅危惧種を含めて多くの動植物が生息するというのがポイント。

ちなみに、オカバンゴ・デルタは2014年に登録され、1000件目の記念すべき世界遺産でもあります。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる