スリランカの世界遺産「古都シーギリヤ」とは?シーギリヤロックに築かれた王宮跡を世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(2), (3), (4)
登録年1982年

スリランカ中央部にあるシーギリヤは、高さ約180mの「シーギリヤロック」と呼ばれる花崗岩の上に築かれた要塞を中心とした都市遺跡。シンハラ王国のカッサパ1世によって建造された王宮は、世界でも稀に見る天空都市です。

ここでは、古都シーギリヤがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、シーギリヤについて詳しくなること間違いなし!

目次

古都シーギリヤとは?王宮がシーギリアロックに築かれた?

シーギリヤ・ロック(古都シーギリヤ)
画像素材:shutterstock

シーギリヤはスリランカの中部州のマータレーから北へ約65kmの位置にあります。森に突如として現れる高さ約180mの花崗岩の上に、5世紀末にシンハラ王国のカッサパ1世によって建造された天空都市。

シンハラ王国は、アヌラーダプラ王国とも呼ばれ、紀元前4世紀〜11世紀まで存在した王国。紀元前3世紀にインドから仏教を取り入れ、仏教は文化や法律まで影響を与えました。5世紀末にカッサパ1世はクーデターを起こし、父王から王権を奪うと弟であるモッガラーナを恐れたため、首都であったアヌラーダプラを離れ、シーギリヤに遷都。そして、父王の供養のために未完であったシーギリヤの城塞を完成させました。

シーギリヤ・ロック(古都シーギリヤ)
画像素材:shutterstock

しかし、最終的にモッガラーナに破れ、彼は自害。シーギリヤ・ロックは14世紀ころまで寺院として利用されるものの、その後は廃墟となりました。

シーギリヤとは「獅子の山」を意味しており、北側にある「獅子の門」は獅子の足先だけ残っています。岩山のすぐそばには「水の庭園」が築かれ、ここには用水路や噴水などがあり、アジア最古の庭園の一つ。

シーギリヤ・レディ

シーギリヤ・レディ(古都シーギリヤ)
画像素材:shutterstock

岩山の西側に描かれたスリランカ美術を代表する作品。華やかな衣装を着た天女を野菜や花、木などを使った染料を使って描いたフレスコ画で、王宮に住んでいた女性たちをモデルにしたとされています。かつては岩山の崖に500人も描かれていたとされていますが、ほとんどが風化。現在残っているのは19人のみ。

古都シーギリヤはどんな理由で世界遺産に登録されているの?

シーギリヤ・ロック(古都シーギリヤ)
画像素材:shutterstock

シーギリヤが評価されたのが、以下の点。

登録基準(ii)
シーギリヤはインド発祥の仏教遺跡であり、これはインドとの文化の交流を示しているという点。

登録基準(iii)
かつて一時的に王宮として使用されたシーギリヤは、シンハラ王国の存在を現代に示しているということ。

登録基準(iv)
岩山の上に築かれた要塞兼王宮や、麓の水の庭園はアジア最古の庭園の一つとされ、スリランカの建築技術の発展が見られるという点。

世界遺産マニアの結論と感想

シーギリヤは、シンハラ王国の足跡を残す仏教遺跡でもあり、岩山の上に要塞と王宮を作り出し、アジアでも最古の庭園まで併設したりと、高い建築技術が見られるという点が評価。

ちなみに、シーギリヤ・ロックは、「獅子の山」というだけあって、かつては獅子の顔が岩山に描かれていたそう。今は前足だけしか残っていないので、どちらかというと「亀」に見えますが…。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる