北京の世界遺産の数はいくつくらいある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

中国の首都である北京は古くから遊牧民が支配する地でしたが、明の時代になると首都となりました。ここには皇帝が住む宮殿から祭祀施設、庭園……さまざまな建造物が作られるようになり、中国の歴史を感じさせる世界遺産でいっぱい。そして、郊外に広がる万里の長城は北京からもアクセス抜群!

ここでは、北京の世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

八達嶺長城/万里の長城

画像素材:shutterstock

北京の北西約70kmに残る長城で、「万里の長城」と呼ばれる風景は大体ここの写真を使用されるほどに有名。現在の遺構は明の時代に建造され、アクセスの良さから観光客が多く集まります。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「万里の長城」とは?世界遺産マニアが解説 「万里の長城」とは、中国の北方に位置し、その長さはなんと2万km以上。紀元前3世紀に、秦の始皇帝によって、北からの遊牧民族からの侵攻を防ぐため、もともと点在していた長城を組み合わせて建造されたもの。やがて世界最大の長城になったのは、明の時代(1368〜1644年)。長城の歴史は中国の歴史ともいえるほど重要な建築物でした。 ここでは、万里の長城がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、万里の長城について詳しくなること間違なし!

慕田峪長城/万里の長城

画像素材:shutterstock

北京から北へ約90kmの位置にある「慕田峪長城」は6世紀の北斉時代に起源があリますが、現在見られるのは明の時代に長城跡の上に新たに再建したもの。こちらも保存状態は良好で、明の時代の長城の様子が今でも見られます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「万里の長城」とは?世界遺産マニアが解説 「万里の長城」とは、中国の北方に位置し、その長さはなんと2万km以上。紀元前3世紀に、秦の始皇帝によって、北からの遊牧民族からの侵攻を防ぐため、もともと点在していた長城を組み合わせて建造されたもの。やがて世界最大の長城になったのは、明の時代(1368〜1644年)。長城の歴史は中国の歴史ともいえるほど重要な建築物でした。 ここでは、万里の長城がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、万里の長城について詳しくなること間違なし!

紫禁城(現・故宮博物院)/北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

画像素材:shutterstock

北京の中心部に位置する紫禁城は、72平方kmの面積を誇る世界最大の木造建築物。この場所にはもともと元(1271〜1368年)の時代に宮殿があり、1406年に明の永楽帝が元の宮殿を改築し、1421年に現在の南京から都を移すとここを皇宮として使用。その後は、明代から次代の王朝である清朝が滅亡するまでここが皇宮となりました。

現在は「故宮博物院」として博物館となっています。「故宮」とは、古い宮殿という意味で、これは後年にこのように呼ばれたもの。もともとは紫禁城と呼ばれていました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」とは?紫禁城と故宮博物院のこと?世界遺産マニアが解説 中国の首都・北京に残る紫禁城(現・故宮博物院)と、東北地方の最大都市・瀋陽にある瀋陽故宮は、明と清の歴代皇帝の宮殿であり、紫禁城は世界最大の宮殿でした。ここは歴代皇帝の中国支配の歴史と、清朝時代の満州や遊牧民族の文化の伝統を見られる場所として貴重なもの。 ここでは、北京と瀋陽の明・清王朝皇宮がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、明・清の王朝皇宮について詳しくなること間違なし!

天壇

画像素材:shutterstock

首都・北京の中心部にある天壇は、15世紀に築かれた皇帝の祭祀施設。天壇は皇帝が自ら祈り、天に報告する場所でもありました。

天壇は、南から圜丘壇、皇穹宇(こうきゅうう)、祈年殿の3つで構成され、空に向かって続いていました。三層の屋根を持つ円形の記念殿は、東アジアの建築に影響を与えたもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「天壇」とは?世界遺産マニアが解説 首都・北京の中心部にある天壇は、15世紀に築かれた皇帝の祭祀施設。天壇は皇帝が自ら祈り、天に報告する場所でもありました。そして、三層の屋根を持つ円形の記念殿は、東アジアの建築に影響を与えたもの。 ここでは天壇がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、天壇について詳しくなること間違なし!

頤和園

画像素材:shutterstock

北京の北西に位置する頤和園は、1750年に建造されたものの、1860年の戦争時に破壊され、1886年に西太后が復元させた広大な庭園。西太后はここに政務室を作り、豪華絢爛な庭園となったものの、清朝が滅んで中華民国になると、ここは公園として開放されました。

敷地内には、杭州の西湖を模した人造湖が広がり、宮殿や寺院、橋など、中国の美しい景観をすべて集めたという庭園の最高傑作でもあります。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「頤和園」とは?世界遺産マニアが解説 北京の北西に位置する頤和園は、1750年に建造されたものの、1860年の戦争時に破壊され、1886年に西太后が復元させた広大な庭園。敷地内には、杭州の西湖を模した人造湖が広がり、敷地内には宮殿や寺院、橋など、中国の美しい景観をすべて集めたという庭園の最高傑作でもあります。 ここでは頤和園がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、頤和園について詳しくなること間違なし!

明の十三陵/明・清王朝の皇帝墓群

画像素材:shutterstock

北京市の西側にある昌平区には、明代の皇帝や皇后、皇太子などの陸墓が13も集まっています。特に北京へと遷都した3代の永楽帝をはじめ、最後の皇帝の崇禎帝まで13人の皇帝の陵墓が現存。第14代の万暦帝の墓は発掘され、現在では公開されています。

通恵河/京杭大運河

Siyuwj(Wikimedeia Commmons)

京杭大運河は、中国では「大運河」と呼ばれるもので、中国の東北部にある北京から淮水、黄河、長江を通って、浙江省の杭州まで結ぶ約2500kmの運河。北京では、南東の天津市へとつながる通恵河が世界遺産の構成遺産として登録されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
中国の世界遺産「京杭大運河」とは?世界遺産マニアが解説 中国の北京から杭州までを結ぶ合計で約2500kmの大運河は「京杭大運河」と呼ばれます。これは7世紀に整備され、13世紀には北は黄河、南は長江まで5つの大河を南北に結ぶという世界最大の運河となりました。現在でも中国の大動脈として使用されています。 ここでは、京杭大運河がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、京杭大運河について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

中国の首都だけに、北京市としてはなんと7つものスポットが世界遺産に登録されています。特に明や清の時代のものが多く、中国の皇帝による豪華絢爛な建築物は保存状態もよく、過去の世界へとタイムスリップしたかのように迫力抜群!

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる