エジプトの世界遺産「シダテル(カイロ)」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(1),(5),(6)
登録年1979年

シダテルは「カイロ歴史地区」の構成遺産の一つ。カイロのイスラム地区の丘の上に築かれた要塞であり、現在はムハンマド・アリー朝時代のモスクや宮殿などが点在しています。ところで、シダテルはなぜ世界遺産なのでしょうか?

ここではシダテルがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、シダテルについて詳しくなること間違いなし!

目次

シダテルとは?

カイロの南東部にあるムカッタムの丘の上に築かれた城塞。ここは12世紀にアイユーブ朝の始祖(サラーフッディーン、1137年または1138年〜1193年)によって築かれ、その後、19世紀まで700年近く宮殿が置かれていました。

19世紀前半にムハンマド・アリー朝(1805〜1953年)のムハンマド・アリー(1769〜1849年)によって、シタデルの古い建物が壊され、新しい建造物が並び、現在見られるものはこの時代のもの。敷地内には4つのモスクが点在し、かつての宮殿は博物館として公開されています。

ムハンマド・アリー・モスク

ムハンマド・アリー・モスク
画像素材:shutterstock

1830年から1848年にかけて、エジプトのムハンマド・アリー朝の始祖であるムハンマド・アリーによって建造されたモスク。ここは1816年に亡くなった彼の息子であるトゥルン・パシャを偲ぶために建造されたもの。その後、ムハンマド・アリーの死後、彼もここに埋葬されました。

イスランブールの建築家によって築かれたため、オスマン帝国時代の建築様式が見られます。内壁にはアラバスターを使用しているために「アラバスター・モスク」と呼ばれることも。2基のミナレットは高さ84mで、エジプトでも最も高いミナレットを持つことでも有名。

シダテルはどんな理由で世界遺産に登録されているの?

シダテル
画像素材:shutterstock

シダテルが評価されたのが、以下の点。

登録基準(i)
カイロのイスラム地区とオールド・カイロに残る建造物は、人類の創造的才能が見られるということ。

登録基準(v)
歴史地区は、カイロの近代的な都市部と一体となっていて、今でも人々が住む旧市街にモスク、マドラサ(神学校)、ハマムなど、かつての繁栄が見られる建築物が溶け込んでいるという点。

登録基準(vi)
世界でも最も古いイスラム都市の一つで、14世紀には「1000のミナレットが立つ街」と称されるほどに黄金時代を迎えた都市であったということ。

世界遺産マニアの結論と感想

シタデルは、イスラム時代において重要な城塞であり、のちにムハンマド・アリー朝時代の宮殿などが並ぶエリアになり、カイロの繁栄が見られるという点で評価されています。

ちなみに、ムハンマド・アリー朝はオスマン帝国の一部であったエジプトにおいて「総督(ワーリー)」の地位をムハンマド・アリーが獲得していたため、実質上は国王の地位にはあったのですが、子孫が正式に国王になったのが1922年から。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる