ドラクエ3の元ネタとなった地名・国は?世界遺産マニアが考察してみました

  • URLをコピーしました!

国民的RPGといえば、ドラゴンクエスト。特にドラクエ3は現実世界の地名をモデルとした場所が多く登場することで有名です!実は…その中には世界遺産として登録されている場所もたくさんあるんですよ。

ここでは世界遺産マニアがドラクエ3に登場する地名と現実の地名を照らし合わせながら、元ネタの世界遺産をご紹介。いざ、冒険の旅へ!

目次

「エジンベア」→エディンバラ/スコットランド

画像素材:shutterstock

ドラクエ3でもかなり排他的で偉そうな国民が住むのがエジンベア。「こんにちは!田舎の人」という嫌味な連中が集まる国家でしたが、名前としては、スコットランドの首都であるエディンバラがルーツかと思われます。確かに歴史が深いのですが、実際のエディンバラに住む人々は優しいのでご安心を。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イギリスの世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」とは?エディンバラ城も含めて世界遺産マニアが解説 コットランドのエディンバラは、15世紀から首都となり、エディンバラ城など、中世の建築物が並ぶ旧市街と18世紀以降に計画的に造られた都市である新市街に分かれます。新旧さまざまな建築物が多く残る町並みは、スコットランドの歴史そのものを表すもの。 こでは、エディンバラの旧市街と新市街がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、エディンバラについて詳しくなること間違なし!

「ロマリア」→ローマ/イタリア

Roman Forum, Rome, Italy

勇者たちが自分の生まれたアリアハンから出て初めて訪れる大都市。半島の形はまさにイタリアそのもので「ローマ」+「イタリア」をイメージしたと考えられますが、ローマに中世らしいお城は残ってないので、あくまでもイメージでしょうか?ちなみに、城の地下には格闘場があって、これはローマのコロッセオを意識したのかもしれませんね。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イタリア・ヴァチカンの世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂... イタリアの首都ローマは、共和制ローマ、ローマ帝国を経て、4世紀には教皇が住むキリスト教世界の中心都市となりました。そんなローマの歴史地区には、かつて地中海世界を支配したローマ帝国の遺構が多く残ります。 ここでは、ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ローマについて詳しくなること間違なし!

「シャンパーニの塔」→シャンパーニュ地方?/フランス

画像素材:shutterstock

盗賊の親分カンダダが拠点としてる塔が、シャンパーニと呼ばれていました。これはシャンパンで有名なワインの産地・シャンパーニュをモデルにしていると思われるものの、特にこの地方で有名な塔はありません。一帯は「シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴ」と言う名で世界遺産に登録。

ちなみに、マップでいうとシャンパーニュというよりも、もう少し西のほうに位置しているので、どちらかというとフランス南西部にある「コルドゥアン灯台」のほうがイメージできるかも?

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
フランスの世界遺産「コルドゥアン灯台」とは?世界遺産マニアが解説 コルドゥアン灯台は、フランス南西部の海岸沿いにある灯台。17世紀に建造された壮麗な塔は、18世紀後半に大幅に改築され、世界でも最先端技術が施された機能的な灯台へと変化。ここは灯台の建築史において非常に重要なものとなっています。 ここではコルドゥアン灯台がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、コルドゥアン灯台について詳しくなること間違なし!

「ポルトガ」→ポルトガル

画像素材:shutterstock

ドラクエ3のヨーロッパの西南にある都市で、王様が胡椒を求めているという、まさに大航海時代を彷彿とさせる展開が待っています。ちなみに、ここで船が手に入るというのもかつて海洋帝国を築いたポルトガルがモデルになっていると考えてもOKでしょう。

しかし、マップ上にある位置はポルトガルではなく、スペインのグラナダあたりな気も…。街の雰囲気はリスボンなどをモデルにしたのかもしれませんね。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ポルトガルの世界遺産「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」とは?世界遺産マニアが解説 ポルトガルの首都リスボンの港にあるジェロニモス修道院はポルトガルのマヌエル様式の最高傑作。その地殻にあるベレンの塔ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路の開拓を記念して築かれたもので、ポルトガルが大陸間の交易という新時代を切り開いたという点で評価されたもの。 ここでは、リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ジェロニモス修道院とベレンの塔について詳しくなること間違なし!

「ノアニール」→ノルウェー?

画像素材:shutterstock

北欧あたりに位置する小さな村。初めて訪れた時は、村人全員が寝ているというイベントがあり、村の西に住むエルフの里へ「めざめのこな」を取りに行くというものでした。これは別に実際の都市をモデルにしたものではなさそうで、完全オリジナルでしょう。ただ森の中に位置するので、北欧の雰囲気はありますね。

実際のノルウェーには、フィヨルドが点在する険しい大地なので平地の村というのがあまりないのですが…イメージとしてはベルゲンのほうがノルウェーの港町らしい雰囲気ですね。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ノルウェーの世界遺産「ベルゲンのブリッゲン地区」とは?世界遺産マニアが解説 ノルウェー南西部の海岸沿いに位置する都市ベルゲン。旧市街の倉庫並ぶエリアはブリッゲン地区と呼ばれ、14〜16世紀はハンザ同盟の中継地として栄えました。カラフルな木造の小屋はもともとは在外ハンザ商人の居留地で、何度も火災に遭ったものの、その度に古い区画と建築法を守りながら再建されてきたということが評価に繋がっています。 ここでは、ベルゲンのブリッゲン地区がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ブリッゲン地区について詳しくなること間違なし!

「アッサラーム」→アッサラーム・アレイコム(こんにちは)?/イスラム圏

画像:写真AC

世界地図としては、イラクのバクダットのような位置にある砂漠に築かれた都市。かつてのバクダットのようにお店がたくさんある商業都市で、ベリーダンスの劇場やぼったくり商店もあるというのも中東のバザールっぽいですね。

そんな雰囲気があるのは、カイロのイスラーム地区が近いかもしれません。

「ピラミッド」→ギザ/エジプト

画像素材:shutterstock

ドラクエに限った話ではないですが、RPGでよくダンジョンとなるのが、ピラミッド。実際にミイラ男やマミーなどのモンスターが登場しているので、ピラミッド感は満載です。地下には「さいごのかぎ」がないと入れない宝物庫のような場所がありますが、実際のピラミッドにはお宝らしいお宝はほぼ発見されていません。すごくありそうですけどね。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
エジプトの世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」とは?世界... 首都カイロ南部にあるメンフィスはエジプト古王国の首都だった場所。このエリアには、世界の七不思議の一つ、ギザの大ピラミッドを含め、多数のピラミッド、マスタバ(長方形の墳墓)や神殿など…南のダハシュールまでさまざまな建造物が登録されています。 ここでは、メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ギザからダハシュールまでのピラミッド地域について詳しくなること間違なし!

「イシス」→イシス神/エジプト

画像素材:shutterstock

現実の世界で言うと、サハラ砂漠の西方に位置する女王が統治するオアシス都市。「イシス」というのは古代エジプトの女神で、良き母であり、豊穣の女神とされてきたもの。女性のイメージが強いためか、女王と召使いも全て女性。猫が多いのも、実際のアラブ社会では猫が大事にされているので、この辺りはリアリティがありますね。

王宮の前にはスフィンクスが並んでいますが、これは古都ルクソールにあるスフィンクス街道を真似ていると思われます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
エジプトの世界遺産「古代都市テーベとその墓地遺跡」とは?世界遺産マニアが解説 エジプト中部に位置するルクソール。ここは古代エジプトではアメン神を祀る都市テーベとして、中王国・新王国時代は首都として繁栄しました。カルナック神殿などの巨大な神殿や、ファラオたちが眠る王家の谷などが残り、エジプト文明が最も栄えていた時代の人々の生活や建築技術などが今でも見られます。 ここでは、古代都市テーベとその墓地遺跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、テーベについて詳しくなること間違なし!

「地球のへそ」→ウルル(エアーズ・ロック)/オーストラリア

画像素材:shutterstock

地球のへそは、6つのオーブのうちブルーオーブがある地下洞窟。「へそ」ということで、オーストラリア大陸の中央部にある一枚岩ウルル(エアーズ・ロック)がモデルとされています。荒野に囲まれて突き出るという姿はまさに「へそ」感がありますね。しかし、実際は地下で長ーい岩で繋がっているものの、洞窟などは存在しません。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
オーストラリアの世界遺産「ウルル=カタ・ジュタ国立公園」とは?世界遺産マニアが解説 オーストラリア大陸の中心部にある巨大な一枚岩であるウルル。かつてはエアーズロックと呼ばれていて、50km先のカタ・ジュタとは地下で繋がっているほどの巨大な岩石です。ここはアボリジニのアナング族の聖地で、1万年以上前から「偉大な祖先」が眠る地として崇められてきました。 ここでは、ウルル=カタ・ジュタ国立公園がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ウルル=カタ・ジュタ国立公園について詳しくなること間違なし!

「ジパング」→日本

画像:写真AC

アリアハン大陸から船で北に位置する島国。「ヒミコ」と呼ばれる女王が治めていて、その屋敷の前には鳥居が並んでいる風景を見れば、誰もが分かるとは思うのですが…日本がモデル。「ジパング」とは、14世紀の旅行家マルコ・ポーロの『東方見聞録』に記載された日本を示す名称が由来。

実際に卑弥呼が治めていた邪馬台国はどこにあったかは今だに決着は付いていませんが、ヤマタノオロチも登場するので、おそらくは島根の出雲大社あたりをイメージしたのかも?しかし、出雲大社の鳥居は白いですし、日本を代表する鳥居といえば、厳島神社の大鳥居でしょうか。ヒミコの屋敷もどこか厳島神社と似ているような気もします(これはあくまでも持論ですが…)。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
広島の世界文化遺産「厳島神社」とは?宮島も含まれるの?世界遺産マニアが簡単に解説 広島県にある厳島神社といえば、海に浮かぶ大鳥居で有名ですが、厳島神社が世界文化遺産に登録されていることでも知られますね。ところで、厳島神社はなぜ世界遺産に登録されているのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは、今回は厳島神社がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、厳島神社について詳しくなること間違なし!

ドラクエ3に登場する地名は世界遺産になっているところでいっぱい!

こう見てみると、ドラクエ3の世界は実際の地名が割とモチーフになっているから驚きですね!ドラクエ3をプレイしながら世界の地理や世界遺産も覚えることができるので、ぜひ子どもにプレイしてほしいところ。いずれかは地理の授業の教材?になるといいなーと世界遺産マニアは思います。笑

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる