マダガスカルの世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

アフリカ大陸の東南に浮かぶマダガスカル島は、世界でも4番目に大きな島。ここは長らくアフリカと独立していたために動植物は独自の進化をしてきたために、アイアイやワオキツネザルなどが生息する公園などが登録されています。そんなマダガスカルはどんな世界遺産があるでしょうか?

ここでは、マダガスカルの世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区/マダガスカルの世界遺産
画像素材:shutterstock

マダガスカル西部マジュンガ州に位置するツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区は、約1520平方kmもの広大な地域が登録されています。「ツィンギー」とは「先の尖った」というような意味で、ナイフのような100mほどの高さを持つ岩が森のように並ぶのが特徴。

ここには手つかずの森林や湖、沼地に、レムールと呼ばれるキツネザルの仲間アイアイ、ベローシファカなど、貴重な動物が多く生息。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
マダガスカルの世界遺産「ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区」とは?世界遺産マニアが解説 マダガスカル島西部に広がるツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区は、石灰岩のカルスト地形が雨によって削られ、ナイフのような岩が並び、溶食によって亀裂のように削られた台地が見られます。ここには手つかずの森林や湖、沼地に、レムールと呼ばれるキツネザルの仲間アイアイ、ベローシファカなど、貴重な動物が多く生息。 ここではツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区について詳しくなること間違なし!

アンブヒマンガの丘の王領地

アンブヒマンガの丘の王領地/マダガスカルの世界遺産
画像素材:shutterstock

マダガスカルの首都アンタナナリボから北東へ約21kmの距離にある丘は「アンブヒマンガ(美しく青い丘)」と呼ばれ、ここは初めて島を統一した王朝であるメリナ王国(1540〜1897年)の発祥の地であり、王家の宮殿と埋葬地があります。

丘は約2.5kmにも及ぶ城壁で囲まれていて、14の門があり、その中には王宮跡と墓廟などが置かれ、メリナ王国の王族の発祥の地であるのと同時に彼らの宗教においても重要な場所でもありました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
マダガスカルの世界遺産「アンブヒマンガの丘の王領地」とは?世界遺産マニアが解説 マダガスカル中部にある標高1468mのアンブヒマンガの丘。ここには15〜16世紀に島を統一したメリナ族によるメリナ王国(1540〜1897年)の王宮が置かれました。丘は約2.5kmにも及ぶ城壁で囲まれていて、14の門があり、その中には王宮跡と墓廟などが置かれ、メリナ王国の王族の発祥の地であるのと同時に彼らの宗教においても重要な場所でもありました。 ここではアンブヒマンガの丘の王領地がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アンブヒマンガの丘の王領地について詳しくなること間違なし!

アツィナナナの雨林

アツィナナナの雨林/マダガスカルの世界遺産
画像素材:shutterstock

マダガスカル島の東部には、アツィナナナの熱帯雨林が広がっています。島は6000万年以上前に大陸から分離し、動植物は独特に進化し、ユニーク生態系を作り出しました。

78種の哺乳類がこの森に生息し、キツネザルを含めた絶滅危惧種も72種類もいる一方、現在は危機遺産リストに登録されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
マダガスカルの世界遺産「アツィナナナの雨林」とは?世界遺産マニアが解説 マダガスカル島東部の6つの国立公園はアツィナナナの熱帯雨林として世界遺産に登録されています。6000万年以上前に大陸から分離し、動植物は独特に進化し、ユニーク生態系を作り出しました。78種の哺乳類がこの森に生息するものの、キツネザルを含めた絶滅危惧種も72種類もいて、現在は危機遺産リストに登録されています。 ここでは、アツィナナナの雨林がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アツィナナナの雨林について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

マダガスカルは文化遺産が2件、自然遺産が1件と合計で3件登録。ここにはツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区やアツィナナナの雨林などには固有種のキツネザルがいっぱい!一方、かつて存在したメリナ王国の王宮であったアンブヒマンガの丘といった文化遺産があるのも特徴です。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる