カナダの世界遺産「ナハニ国立公園」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分自然遺産
登録基準(7),(8)
登録年1978年

ナハニ国立公園は、カナダ北西部にある国立公園。サウス・ナハニ川流域の険しい峡谷に、巨大なヴァージニア滝など、絶景が広がっています。そして、野生動物の宝庫で、オオカミ、ハイイログマ、トナカイなども多く生息。そして、1978年に初めて世界遺産リストに登録された12の遺産の一つとしても知られます。

ここでは、ナハニ国立公園がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ナハニ国立公園について詳しくなること間違なし!

目次

ナハニ国立公園とは?

画像素材:shutterstock

カナダのノースウェスト準州にあるナハニ国立公園は、約5000平方kmもの広大な公園です。「ナハニ」とは、先住民の言葉で「精神」という意味。公園の中心は、標高2972mのマッキンジー山を含むロッキー山脈の間を流れるサウス・ナハニ川の深い峡谷で、巨大な滝などがあります。

公園内はツンドラ(永久凍土)地帯で、ほとんどが森林が広がっています。しかし、緯度も低いため、気候は比較的穏やか。温泉なども湧き出ている地域も。園内には車道がなく、移動は飛行機かヘリコプターのみで、ありのままの自然が保護されています。

登録されている主な構成遺産

ヴァージニア滝

画像素材:shutterstock

サウス・ナハニ川の中で最も急な滝で、落差は90m。水煙を建てながら落下する姿は圧巻です。滝の水煙の影響で、周辺には希少なランが生息。ここからサウス・ナハニ川は急流となっていき、壮大な峡谷へと変化します。

ナハニ国立公園はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

画像素材:shutterstock

ナハニ国立公園が評価されたのが、以下の点。

登録基準(vii)
サウス・ナハニ川は、北米でも手つかずに残されている川のひとつで、そこには深い峡谷や巨大な滝など、さまざまな地形の変化を眺めることができるということ。

登録基準(viii)
公園内は川の侵食、峡谷、カルスト地形、温泉など、特異な地形が多く見られるということ。

世界遺産マニアの結論と感想

ナハニ国立公園は車や鉄道で行くことのできない、文明社会と隔離されている保護区だけあって、手つかずの自然が多く残されています。そして、サウス・ナハニ川の影響によって、深い峡谷が形成され、独特の植物なども咲き、さまざま景観を眺めることができます。さらに温泉やカルスト地形なども見られるので、「自然遺産らしい自然遺産」というべき遺産ですね。

ちなみに、ヴァージニア滝の名前が気になっていて、1972年に国立公園として認定したピエール・トルドー首相の名前に変更するという案もあり、そのうちトルドー滝になるかもしれませんね。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる