世界遺産に登録されている日本のお城はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

日本のお城はファンが多く、各地で観光スポットとしても人気が高いですね。しかし、ほとんどが復元されたもので、現存天守は日本でも12箇所しか残っていません!

そんな中で日本で世界遺産として登録されている城はいくつあるでしょうか?ここでは世界遺産に登録されたお城を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説していきましょう。

目次

姫路城/兵庫県

姫路城/兵庫県
画像素材:AdobeStock

日本で「お城の世界遺産」といえばコレ!兵庫県西部の中心都市である姫路市は、古くから交通の要衝として栄えてきました。17世紀に建造された姫路城は街のシンボルであると同時に、日本の城塞建築の中でも最高傑作とされるお城です。

広大な敷地内には82もの建造物があり、8棟が国宝で、74棟が重要文化財という豪華な構成となっています。別名「白鷺城」ともいわれ、白漆喰で統一された外観は複雑な構造の配置や屋根の重ね方を工夫していて、世界でも例を見ないほどの美しさ。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
兵庫県の世界文化遺産「姫路城」とは?建造した人物を含めて世界遺産マニアが簡単に解説 兵庫県にある姫路城といえば、その美しさで有名で「白鷺城」とも呼ばれ、姫路城が世界文化遺産に登録されているのは誰でも知っていますね。ところで、姫路城はなぜ世界遺産に登録されているのでしょうか?これは意外と知ってそうで知らない! ここでは、今回は姫路城がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、姫路城について詳しくなること間違なし!

二条城/京都府

二条城/京都府
画像素材:shutterstock

京都市の中京区にある江戸時代に築かれた平城で、正式名称は「元離宮二条城」。ここは室町時代には足利将軍や織田信長によって邸宅が置かれていましたが、現存するのは徳川家康によって1601年に築城されたもの。3代将軍の家光まで京都の守護と上洛時の宿所を目的としていたものの、江戸時代中期には利用されることがなく、幕末になって再度修復され、利用されるようになりました。1867年に15代将軍の慶喜によって大政奉還が行われた場所として有名。

国宝・二の丸御殿は、狩野派によって描かれた障壁画もあり、豪華絢爛。二の丸庭園は、桃山様式の池線回遊式庭園で、池の中央には蓬莱島、その近くには亀島、鶴島があり、鶴亀を表現するという設計がされています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
京都府の世界遺産「二条城」とは?二の丸御殿を含めて世界遺産マニアが解説 二条城は「古都京都の文化財」の構成遺産の一つ。現在の建造物は徳川家時代のもので、豪華絢爛な二の丸御殿や天皇の離宮として利用された本丸御殿などが残されています。ところで、二条城はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは二条城がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、二条城について詳しくなること間違なし!

萩城/山口県

萩城/山口県
画像素材:shutterstock

山口県萩市にある城下町の西端に位置する指月山(しづきやま)に築かれた梯郭式平山城。1604年に築城されると、江戸時代を通して毛利氏の居城でしたが、1874年に天守・櫓など、ほとんどの建造物が破壊され、現在は石垣や堀のみが現存しています。

ここは三角州に築城され、三方を海に囲まれているというのが特徴。南には本丸・二の丸・三の丸を持つ平城が存在し、北には指月山の頂上に詰丸と呼ばれる山城があり、石垣と土塀で囲まれた城郭があったとされています。現在は二の丸土塀や三の丸総門などが復元。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
山口県の世界遺産「萩城下町」とは?萩城を含めて世界遺産マニアが解説 登録区分文化遺産登録基準(2), (4)登録年2015年 萩城下町は「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成遺産の一つ。毛利氏の居城であった萩城を中心...

原城/長崎県

原城/長崎県

島原半島の南部にある原城は、1496年に有馬氏の当主によって建造されると、1616年には新たに赴任された松倉重政によって廃城となります。島原の乱(1637〜1638年)が発生すると、一揆を起こした農民たちがここに立てこもり、天草四郎を総大将として激しい戦闘を繰り広げ、その際に掘りや土塁などが築かれました。

しかし、最終的に3万7000もの人々は皆殺しにされました。1990年から発掘が始まり、大量の人骨や十字架やロザリオなどのキリスタンの信心具(しんしんぐ)が見つかっていて、石垣や城門、櫓などの遺構があった堅固な城であったことが分かっています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
長崎県の世界遺産「原城跡」とは?島原の乱を含めて世界遺産マニアが解説 原城跡は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成遺産の一つ。島原の乱においては、ここが一揆側の居城となったものの、最後は徹底的に破壊され、現在はほぼ何も残りません。ところで、原城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは原城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、原城跡について詳しくなること間違なし!

首里城跡/沖縄県

首里城跡/沖縄県
画像素材:shutterstock

那覇市内にある城跡。ここはかつて琉球王朝の居城で、那覇全体を見下ろすように丘陵地帯に築かれたもの。14世紀には中山王の城として建造され、琉球王国の首都となると、ここは政治や経済、文化の中心地でありました。

ここは二重の城壁に囲まれていて、合計で1080mにもなり、ここは水平に揃えて積む「布積み」や石材を加工する「相方積み」が混在するもの。内郭には9つの門、外郭には4つのアーチ門がありました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
沖縄県の世界遺産「首里城跡」とは?世界遺産マニアが解説 首里城跡は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成遺産の一つ。首里城は琉球王朝の居城として、政治と文化の中心地でもありました。ところで、首里城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは首里城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、首里城跡について詳しくなること間違なし!

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)/沖縄県

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)/沖縄県
画像素材:shutterstock

島の北東部に位置していた北山王国(14世紀〜1416年)の居城で、中心部であった場所。琉球王国が成立した後は、王府から派遣された北山監守の城として使用されていました。ここは丘の上に位置していて、川や谷に囲まれた天然の要塞。

城壁は自然の石をそのまま積み上げる「野面積み」が見られ、曲線を描くように囲まれています。ここは県内最大級のグスクとしても有名。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
沖縄県の世界遺産「今帰仁城跡」とは?沖縄最大級のグスクを含めて世界遺産マニアが解説 今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成遺産の一つ。沖縄北部にあり、歴史が深く、沖縄でも最大級のグスクでもあります。ところで、今帰仁城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは今帰仁城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、今帰仁城跡について詳しくなること間違なし!

座喜味城跡(ざきみじょうあと)/沖縄県

座喜味城跡(ざきみじょうあと)/沖縄県
画像素材:shutterstock

読谷村の西海岸にあるグスクで、15世紀に有力按司であった護佐丸によって築かれたもの。グスクは丘の上に築かれたため、周囲を見渡すことができ、ここは米軍の基地があったものの、本土復帰後は修理が進められ、アーチ型の城門の保存状態も良好。なだらかな曲線を描く城壁の外周は365mもあります。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
沖縄県の世界遺産「座喜味城跡」とは?世界遺産マニアが解説 座喜味城跡(ざきみじょうあと)は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成遺産の一つ。この地方の有力按司(あじ)であった護佐丸が15世紀に築いた城です。ところで、座喜味城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは座喜味城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、座喜味城跡について詳しくなること間違なし!

勝連城跡(かつれんじょうあと)/沖縄県

勝連城跡(かつれんじょうあと)/沖縄県
画像素材:shutterstock

勝連半島の西側の崖の上に築かれたグスク。12世紀には既に築城が始まったとされ、登録されているグスクの中でも最古のものとされています。現在の勝連城は14世紀に勝連の按司によって建造され、15世紀に阿麻和利がクーデターで城を奪い、居城としたものの、第一尚氏によって滅ぼされ、廃城となります。

ここは南城(ヘーグシク)と北城(ニシグシク)によって構成されていて、自然の丘を利用した石垣で仕切られた曲輪があり、港(南風原集落)も併設されていました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
沖縄県の世界遺産「勝連城跡」とは?世界遺産マニアが解説 勝連城跡(かつれんじょうあと)は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成遺産の一つ。ここは世界遺産に登録されているグスクの中でも最も古いグスクとされています。ところで、勝連城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは勝連城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、勝連城跡について詳しくなること間違なし!

中城城跡(なかぐすくじょうあと)/沖縄県

中城城跡(なかぐすくじょうあと)/沖縄県
画像素材:shutterstock

中城村に位置する標高約160mの高台にあるグスクで、勝連城とは中城湾の対岸に建つもの。14世紀後半に築かれ、15世紀に座間味城から移封された護佐丸によって、6つの曲輪で構成される現在の姿になりました。ちなみに、護佐丸は最後自刃をしたとされ、ここには護佐丸の墓もあります。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
沖縄県の世界遺産「中城城跡」とは?世界遺産マニアが解説 中城城跡(なかぐすくじょうあと)は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成遺産の一つ。中城城跡は6つの曲輪で構成される壮大な城跡で、他のグスクと比べ、保存状態は良好。ところで、中城城跡はなぜ世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない! ここでは中城城跡がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、中城城跡について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

日本で世界遺産として登録されているのは、遺構として形が残っている分を含めるのなら9件あります。しかし、その中でも建造物として当時から残っているのは姫路城だけ。

他にも形はほぼ残っていないですが、「石見銀山遺跡とその文化的景観」に登録されている、矢滝城跡や矢筈城跡、石見城跡なども、一応「城」であるものの…山城なので遺構もほぼ残っていません。日本には多くの城跡があるのですが、明治以降は保存されなかったため、世界遺産としてはちょっと物足りないというのが現状。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる