ハンガリーの世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

ハンガリーはヨーロッパ中央部にある内陸国で、平原が広がる国。アジア系の遊牧民であったマジャール人によって建国されたため、今でも国内にはその伝統が残っています。首都ブダペストは「ドナウの真珠」とされる優雅な街並みで有名ですが、他にはどんな世界遺産があるでしょうか?

ここでは、ハンガリーの世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り

ブダ城/ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

首都ブダペストはローマ帝国の時代から人々が集落を作っていたというほどに歴史の深い都市。ブダペストはもともとドナウ川を挟んで2つの街で構成されていて、西岸のブダは丘陵地帯、東岸のペストは平地という別々の特徴を持つ街でした。

19世紀になるとブダとペストは、セーチェニくさり橋の完成により、1873年に合併し、ブダペストに。その美しい町並みは「ドナウの真珠」や「東欧のパリ」と讃えられるほど。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリーの世界遺産「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」とは?世界遺産マ... ハンガリーの首都ブダペストは、ブダとペストの2つの街が重なりあって形成された都市で、ゴシック様式のブダ城など、さまざまな時代の建築に影響を与えてきました。その美しい町並みは、「ドナウの真珠」や「東欧のパリ」と讃えられるほど。 ここでは、ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通りがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ブダペストについて詳しくなること間違なし!

ホッローケーの古い集落とその周辺

ホッローケーの古い集落とその周辺/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

ハンガリー北部のノグラード郡にあるホッローケーは、パローツ人が今でも住む村。「ハンガリーで最も美しい村」と称されるのどかな村は、パローツ様式と呼ばれる白い壁と入母屋造の屋根が特徴の可愛らしい家々が並ぶことで有名。

17〜18世紀にかけて発展したこの村は、伝統的な建造物が今でも多く残っているということが評価されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリーの世界遺産「ホッローケー(ホッロークー)古村落とその周辺地区」とは?世界遺産マニアが解説 ホッローケーは、首都ブダペスト北東に位置している小さな村です。「ハンガリーで最も美しい村」と称されるのどかな村は、パローツ様式と呼ばれる白い壁と入母屋造の屋根が特徴の可愛らしい家々が並ぶことで有名。17〜18世紀にかけて発展したこの村は、伝統的な建造物が今でも多く残っているということが評価されています。 ここでは、ホッローケー古村落とその周辺地区がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ホッローケーについて詳しくなること間違なし!

アグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストの洞窟群(スロヴァキアと共同)

アグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストの洞窟群/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

ハンガリー側のアグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストは、国境をまたがって広がる約567平方kmものカルスト地形。ここは石灰岩などに水が溶けて、岩石や洞窟が形成されています。地下には鍾乳石や石筍が広がり、合計で712もの洞窟が登録。

バラドラ・ドミツァ洞窟は世界最大の石筍があることでも有名です。ここは熱帯と氷河などの気候が影響して形成され、数年万年に渡る地質学の歴史を研究するのに適した地。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリー・スロヴァキアの世界遺産「アグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストの洞窟群」とは?... ハンガリーとスロヴァキアの国境に位置する広大なカルストの台地で、ここには712もの洞窟が存在。バラドラ・ドミツァ洞窟は世界最大の石筍があることでも有名です。ここは熱帯と氷河期などの気候が影響して形成され、数年万年に渡る地質学の歴史を研究するのに適した地。 ここではアグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストの洞窟群がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストについて詳しくなること間違なし!

パンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境

パンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

パンノンハルマの町はハンガリー北西部にあり、町の近くにある丘の上にはハンガリー初のベネディクト会の修道院が996年に建造されました。当初はロマネスク様式の建築物が建造されたものの、12世紀に火災で崩壊し、13世紀にてゴシック様式で再建。

ここは1000年に渡って増改築が行われ、キリスト教の普及とともに、ヨーロッパの文化の中心として維持されてきたもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリーの世界遺産「パンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境」とは... ハンガリー北西部にあるパンノンハルマ。丘の上にベネディクト会の大修道院があり、ここはハンガリー最古の修道院でもあります。約1000年の歴史を持つ修道院は、増改築が繰り返されたことから、さまざまな時代の建築様式が見られ、現在でも多くの信徒が集まる地。 ここではパンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、パンノンハルマの修道院について詳しくなること間違なし!

ホルトバージ国立公園-プスタ

ホルトバージ国立公園-プスタ/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

ハンガリー東部に広がるプスタ(大平原)は、ドナウ川の支流ティサ川沿いに広がり、2000年以上に渡って放牧が行われてきた場所で、そのうち約750平方kmの敷地がホルトバージ国立公園として登録されています。ここは牧草地だけでなく、ステップや湿地、三日月湖、沼地などが点在。

そして、ホルドバージの街の近くには、ハンガリー最古であり、国内最長の石橋や旅籠などが今でも残っています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリーの世界遺産「ホルトバージ国立公園-プスタ」とは?世界遺産マニアが解説 ホルトバージ国立公園は、ハンガリー東部に広がるプスタ(大平原)の一部が登録されているもの。ここは2000年に渡って遊牧民によって利用され続け、ラツカ羊や灰色牛などが放牧されてきました。そして、ホルドバージの街の近くには、ハンガリー最古であり、国内最長の石橋や旅籠などが今でも残っています。 ここではホルトバージ国立公園-プスタがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ホルトバージ国立公園-プスタについて詳しくなること間違なし!

ペーチ(ソピアナエ)の初期キリスト教墓所

ペーチ(ソピアナエ)の初期キリスト教墓所/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

ローマ帝国時代、ハンガリーの大部分はパンノニアと呼ばれた属州となっていて、現在のハンガリー南部にあるペーチはソピアナエという名の都市でした。ここは軍事上の要衝の地であり、交易で栄え、これらの地下墓地は4世紀頃に建造されたもの。

ここにはローマ時代に建造された、キリスト教徒たちの墓所があり、地上には礼拝堂や霊廟、地下にはカタコンベという埋葬室が残っています。カタコンベは聖書をモチーフにした壁画で飾られていて、芸術価値が高いもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリーの世界遺産「ペーチ(ソピアナエ)の初期キリスト教墓所」とは?世界遺産マニアが解説 ハンガリー南部にあるペーチには、ローマ時代に建造された、キリスト教徒たちの墓所があり、地上には礼拝堂や霊廟、地下にはカタコンベという埋葬室が残っています。カタコンベは、聖書をモチーフにした壁画で飾られていて、芸術的に価値が高いもの。 ここではペーチ(ソピアナエ)の初期キリスト教墓所がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、初期キリスト教墓所について詳しくなること間違なし!

フェルテー湖/ノイジードル湖の文化的景観

フェルテー湖/ノイジードル湖の文化的景観/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

ドイツ語でノイジードル湖、ハンガリー語でフェルテー湖と呼ばれる塩湖はオーストリアとハンガリーの国境に広がっています。そのうち北部の240平方kmはオーストリア領で、南部の75平方kmがハンガリー領。

ここは古くから異文化が交わる地であり、湖の周囲には田舎風の貴族の館や、18〜19世紀のハンガリーの宮殿風の館など、湖と合わさった文化的景観が広がっています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
オーストリア・ハンガリーの世界遺産「フェルテー湖/ノイジードル湖の文化的景観」とは?世界遺産マニ... オーストリアとハンガリーの国境に広がるフェルテー湖/ノイジードル湖は、表面積315平方kmとヨーロッパでも最大の塩水湖。ここは古くから異文化が交わる地であり、湖の周囲には田舎風の貴族の館や、18〜19世紀のハンガリーの宮殿風の館など、湖と合わさった文化的景観が広がっています。 ここではフェルテー湖/ノイジードル湖の文化的景観がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、フェルテー湖/ノイジードル湖について詳しくなること間違なし!

トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観

トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観/ハンガリーの世界遺産
画像素材:shutterstock

ハンガリー北東部のティサ川流域のトカイ地方。ここは「貴腐ワイン」と呼ばれる、ボトリティス菌によって糖度が高まったブドウで造られた甘いワインの発祥の地でもあります。トカイ産のものはアスーワインと呼ばれ、フランス国王ルイ14世が「ワインの王」と絶賛したというほどに品質が高いもの。

ここにはブドウ畑、農場、村落、ワインセラーなど、1000年に渡るワイン生産の伝統を現在に残しています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ハンガリーの世界遺産「トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観」とは?世界遺産マニアが解説 ハンガリー北東部のトカイ地方は、世界三大貴腐ワインの一つであるアスーワイン(トカイワイン)の産地。その味はフランスのルイ14世が「ワインの王」と称したとされるほどで、ここにはブドウ畑、農場、村落、ワインセラーなど、1000年に渡るワイン生産の伝統を現在に残しています。 ここではトカイのワイン産地の歴史的・文化的景観がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、トカイのワイン産地について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

ハンガリーは文化遺産が7件、自然遺産が1件と合計で8件登録。首都ブダペストはヨーロッパらしい華やかな街並みが続きますが、他にも可愛らしい家々、世界最大の石筍が見られる洞窟、トカイワインの産地まで、バリエーション豊富な遺産が多いのがハンガリーの魅力でもあります!

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる