奈良県の世界遺産「金峯山寺」とは?世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!
登録区分文化遺産
登録基準(2), (3), (4), (6)
登録年2004年

金峯山寺(きんぷせんじ)は「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成遺産の一つ。修験道の総本山として、蔵王権現を祀る本堂で有名ですが、なぜ金峯山寺は世界遺産なのでしょうか?意外と知ってそうで知らない!

ここでは金峯山寺がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、金峯山寺について詳しくなること間違いなし!

目次

金峯山寺とは?

金峯山寺
画像素材:shutterstock

かつては「山下(さんげ)の蔵王堂」と呼ばれていただけあって、吉野山エリアでも低い位置にある寺院。ここは7世紀に呪術者であり、修行者でもあった役小角(えんのおづぬ)が創建されたとされ、修験道(金峯山修験本宗)の総本山でもあります。後に皇族や貴族、武士が多く訪れるようになりましたが、14世紀に焼き討ちに遭い、消失。

蔵王権現を本尊としていて、現在の本堂は豊臣秀吉の寄進で1591年に再興されました。かつては蔵王堂と呼ばれ、三体の蔵王権現立像が置かれていているものの、これは秘仏とされていて、公開されていません。明治時代になると、神仏分離によって吉野山最奥の青根ヶ峰に位置する金精明神を金峯神社として、大峰山の山上ヶ岳にあった蔵王堂は、大峯山寺として別々の施設としました。その後、1886年に蔵王堂は寺院として復活したために、現在は金峯神社と大峯山寺は別の施設として存続しているのです。

金峯山寺はどんな理由で世界遺産に登録されているの?

金峯山寺
画像素材:shutterstock

金峯山寺が評価されたのが、以下の点。

登録基準(ii)
紀伊山地に残る霊場と参詣道は、神道と仏教が融合が見られ、東アジアにおける宗教文化の交流と発展を示すということ。

登録基準(iii)
紀伊山地に点在する神社や寺院は、この地の慣習を含めて、1000年以上に渡る日本独自の宗教の発展を示すものであるという点。

登録基準(iv)
紀伊山地は、日本各地の寺社の建築様式に大きな影響を与え、それらの形成のルーツともなっているという点。

登録基準(vi)
紀伊山地の霊場と森林には、1200年に渡って神の宿る地として信仰が維持され、それらが景観に見られるということ。

世界遺産マニアの結論と感想

金峯山寺は、日本独自の宗教でもある修験道の総本山であり、ここは神道と仏教が合わさった独自の文化で、後世に渡って信仰が続いたことから、その発展が見られるという点で評価されています。

ちなみに、宮城県と山形県の県境にある蔵王連峰は、山岳信仰があり、吉野から蔵王権現を勧請(かんじょう、神を受け入れること)し、平安時代には修験道が行われたことから、その名が付けられとされています。よって、「蔵王」という地名のルーツは吉野にあるんです。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる