イスラエルの世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

現在のイスラエル国は第二次世界大戦後に誕生し、ここはユダヤ人のルーツであることから彼らの歴史を示すものが多く登録されています。一方、先史時代やイスラム時代の遺構も登録されているのも特徴。イスラエルの世界遺産はいくつあるでしょうか?

ここでは、イスラエルの世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

※こちらの記事ではパレスチナ(ヨルダン川西岸地域)を除いて紹介しています。パレスチナ国としての世界遺産は別記事で解説しているので、そちらでご確認ください。あと、エルサレムはヨルダンによる申請のため、この記事には含めていません。

目次

マサダ

マサダ/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

イスラエル東部の死海に面した崖の上に立つ宮殿兼要塞。ここは麓から丘の上までは道は一本だけという天然の要塞でした。もともとは、紀元前2世紀にヘロデ朝のヘロデ大王が、ローマ様式の豪華な宮殿を建設したことに始まり、この地がローマ帝国の属州になった後、紀元1世紀のユダヤ戦争の際は難攻不落の要塞として、ユダヤ側からすれば「最後の砦」となったのです。

現在でも遺構などが多く残っており、ローマ時代初期の建築様式が現在でも見られます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「マサダ」とは?世界遺産マニアが解説 マサダは死海を見下ろす丘の上にある要塞だった場所。かつてヘロデ朝の離宮として作られたもので、西暦73年にローマ軍により破壊された遺跡です。現在でも遺構などが多く残っており、ローマ時代初期の建築様式が現在でも見られます。 ここでは、マサダがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、マサダについて詳しくなること間違なし!

アッコ旧市街

アッコ旧市街/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

地中海に面した港湾都市であるアッコは、紀元前15〜8世紀に地中海交易で繁栄したフェニキア人が支配していた時代からの港町。ここは12〜13世紀の十字軍の時代にはキリスト教の勢力とイスラム教徒の勢力が激しく争い、一時期はエルサレム王国の首都になるほどでしたが、1291年にアッコは陥落。

現在の旧市街はジャッザール・モスクなど、オスマン帝国時代に再建されたものがほとんどですが、地下には十字軍時代の聖ヨハネ騎士団の建造物の遺構が残っています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「アッコ旧市街」とは?世界遺産マニアが解説 アッコはイスラエル北西部に位置する港湾都市。ここは紀元前3000年ころから人が住んでいた形跡が残り、プトレマイオス朝エジプトやローマ帝国、イスラム勢力、十字軍など、さまざまな国々や勢力に支配されてきました。現在の旧市街はジャッザール・モスクなど、オスマン帝国時代に再建されたものがほとんどですが、地下には十字軍時代の聖ヨハネ騎士団の建造物の遺構が残っています。 ここではアッコ旧市街がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、アッコ旧市街について詳しくなること間違なし!

テルアビブの白い都市-近代化運動

テルアビブの白い都市-近代化運動/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

イスラエル中西部にある大都市テルアビブ。ここは1909年までは砂丘だった場所ですが、南にある湾口都市ヤッファに世界各地から多くのユダヤ人移民があふれると北の方へと街が拡大し、移民たちのために新しい住宅が建造されていくようになりました。

これらはスコットランドの建築家パトリック・ゲデスによる都市計画で、ヨーロッパからモダニズム建築家が移住したことにより、白を基調としたモダニズム建築が築かれ、現在も並んでいます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「テルアビブの白い都市-近代化運動」とは?世界遺産マニアが解説 イスラエル最大の都市テルアビブ。20世紀前半にスコットランドの建築家パトリック・ゲデスによる都市計画によって「ガーデン・シティ」が建設され、ヨーロッパからモダニズム建築家が移住し、白を基調としたモダニズム建築が多ぶ近代都市となりました。 ここではテルアビブの白い都市-近代化運動がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、テルアビブの白い都市について詳しくなること間違なし!

聖書ゆかりの遺丘(テル)群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバ

聖書ゆかりの遺丘(テル)群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバ/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

「テル」とは遺丘を指していて、都市や集落が同じ場所で建設と崩壊を繰り返して形成されたもので、トルコ東部からイスラエルまで地中海東部には200ものテルが点在します。そのなかでも、メギド、ハツォル、べエル・シェバが世界遺産に登録。

ここは何千年にも渡る地中海東岸の技術を示す水利施設の跡が見られ、旧約聖書でも言及されているという点でも価値が高いもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「聖書ゆかりの遺丘(テル)群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバ」とは?世界遺産... テルとは、先史時代の集落跡である遺丘で、地中海東部には200を超えるテルがあり、そのうち北部のメギド、ハツォル、南部のべエル・シェバの3つが世界遺産に登録。ここは何千年にも渡る地中海東岸の技術を示す水利施設の跡が見られ、旧約聖書でも言及されているという点でも価値が高いもの。 ここでは聖書ゆかりの遺丘(テル)群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、聖書ゆかりの遺丘群について詳しくなること間違なし!

ネゲヴ砂漠の香の道と都市群

ネゲヴ砂漠の香の道と都市群/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

ネゲブ砂漠は、イスラエル南部に広がる砂漠。ここにはかつてアラビア半島南部で作られる香料(乳香や没薬)を地中海まで運ぶという約2000kmに至る広大なネットワークが存在していました。その交易路は紀元前3世紀から2世紀まで、砂漠の遊牧民であるナバテア人たちによって利用されたもの。

世界遺産としては、ナバテア人が築いたハルザ、マムシト、シヴダ、アヴダトといった4つの都市が登録。4つの城塞、2つの隊商宿、交易路の一部などが構成遺産として登録されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「ネゲヴ砂漠の香の道と都市群」とは?世界遺産マニアが解説 ネゲヴ砂漠とは、イスラエル南部に広がる広大な砂漠で、ここはかつてアラビア半島と地中海を結ぶ、香料の交易路がありました。紀元前3世紀から2世紀まで砂漠の遊牧民であるナバテア人たちによって築かれた4つの都市遺跡や城塞、隊商宿、灌漑システムなどが残っていて、これらは世界遺産に登録。 ここではネゲヴ砂漠の香の道と都市群がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ネゲヴ砂漠の都市群について詳しくなること間違なし!

ハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群

ハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

イスラエル北部の大都市ハイファと近隣の町アッコー、そして、西ガラリヤ地方には、19世紀にイランで発展したバーブ教から、さらに発展したバハーイー教の聖地が点在。現在でも多くの信者がこの地を訪れています。

登録されているのは26もの遺産で、バハーイー教の創始者バハオラの霊廟や、バーブ教の開祖・バーブの霊廟、他にも住宅や庭園、近代建築などで構成されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「ハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群」とは?世界遺産マニアが解説 イスラエル北部にある西ガリラヤ地方とその中心都市であるハイファには、イスラム教から派生したバーブ教から発展したバハーイー教の聖地が点在。特にバハーイー教の創始者バハウッラーの霊廟や、バーブ教の開祖・バーブの霊廟など、美しい建築物が並んでいます。 ここではハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、これらの聖地について詳しくなること間違なし!

人類の進化を示すカルメル山の遺跡群:ナハル・メアロット(ワディ・エル=ムガーラ)の洞窟群

人類の進化を示すカルメル山の遺跡群:ナハル・メアロット(ワディ・エル=ムガーラ)の洞窟群/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

カルメル山とはイスラエル北部に位置し、南北39kmにも広がる丘陵地帯のこと。かつてこの地はアフリカからユーラシア大陸の玄関口でもあり、丘の西側には旧石器時代前期から現代まで50万年に渡って人類の進化を示す遺跡が点在。

ここにはネアンデルタール人などが暮らしていた旧石器〜中石器時代の洞窟が並び、これらは狩猟採集生活から農業や牧畜への移行期を示すもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「人類の進化を示すカルメル山の遺跡群:ナハル・メアロット(ワディ・エル=ムガ... イスラエル北部に位置するカルメル山地域の西斜面には、50万年に渡る人類の進化を示す、南西アジアの初期人類が暮らしが見られる遺跡があります。ここにはネアンデルタール人や旧石器〜中石器時代の洞窟が並び、これらは狩猟採集生活から農業や牧畜への移行期を示すもの。 ここでは人類の進化を示すカルメル山の遺跡群:ナハル・メアロット(ワディ・エル=ムガーラ)の洞窟群がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ナハル・メアロットについて詳しくなること間違なし!

ユダヤ低地にあるマレシャとベト・グヴリンの洞窟群 : 洞窟の大地の小宇宙

ユダヤ低地にあるマレシャとベト・グヴリンの洞窟群 : 洞窟の大地の小宇宙/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

イスラエルの南部地区、ユダヤ低地にあるベト・グヴリン=マレシャ国立公園。ここは東のメソポタミアから西のエジプトを結ぶ交易ルートに位置し、紀元前8世紀に南部のマレシャという都市が存在していたと考えられています。

ここにはかつてマレシャとベト・グヴリンの2つの都市が存在していて、3500もの石灰岩層を築かれた地下室が点在。地下室は産業や宗教にまつわる施設として利用され、紀元前8世紀ころから十字軍の時代まで2000年以上渡って文明が発展したことを証明するもの。

ベート・シェアリムのネクロポリス-ユダヤ人再興の中心地

ベート・シェアリムのネクロポリス-ユダヤ人再興の中心地/イスラエルの世界遺産
画像素材:shutterstock

イスラエル北西部の大都市ハイファから南東へ約20km。この地は石灰岩の斜面が広がっていて、2世紀から築かれたカタコンベ(地下墓所)が点在する場所。ユダヤ人は132年にバル・コクバの乱(第二次ユダヤ戦争)でローマの支配に反乱を起こすも破れ、エルサレムから追放されてしまいます。そのため、それ以降はベート・シェアリムがユダヤ教徒の主要な墓地となりました。

カタコンベにはギリシャ語やアラム語、ヘブライ語などで書かれた碑文や絵画などが残っていて、初期ユダヤ教の信仰の様子を現在まで残すもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イスラエルの世界遺産「ベート・シェアリムのネクロポリス-ユダヤ人再興の中心地」とは?世界遺産マニア... イスラエル北部に位置するベート・シェアリムは、132年にバル・コクバの乱(第二次ユダヤ戦争)によって破れたユダヤ人により、エルサレム郊外に築かれた主要な埋葬地でした。ここはカタコンベ(地下墓地)になっていて、ギリシャ語やアラム語、ヘブライ語などで書かれた碑文や絵画などが残っていて、初期ユダヤ教の信仰の様子を現在まで残すもの。 ここではベート・シェアリムのネクロポリス-ユダヤ人再興の中心地がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ベート・シェアリムのネクロポリスについて詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

エルサレムやパレスチナを含めない「イスラエルの世界遺産」としては、9件登録されています。どれも文化遺産となっていて、ユダヤ人の歴史に関連するものがある一方、ここは多くの民族が暮らした地であることから、イスラム教やバハイ教など、意外にもさまざまな宗教にまつわる遺産もあるのも特徴です。

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる