スイスの世界遺産の数はいくつある?それぞれを一覧にして世界遺産マニアが解説

  • URLをコピーしました!

スイスといえば、『アルプスの少女ハイジ』のようなアルプス山脈のイメージですね!もちろん、アルプス最高峰のユングフラウは誰もが知る有名な観光地ですが、中性の町並みが残るベルンなど文化遺産も多いんですよ。そんなスイスは世界遺産がいくつあるでしょうか?

ここでは、スイスの世界遺産を世界遺産マニアが一覧にして分かりやすく解説。それぞれの遺産を簡潔に解説していきましょう。

目次

ザンクト・ガレン修道院

ザンクト・ガレン修道院/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

スイス北東部のザンクト・ガレン州の州都サンクト・ガレン。この地は、7世紀にアイルランド出身の聖ガルスが住んでおり、8世紀に修道院が建造されると、ガルスの名前にちなんでサンクト・ガレンと名付けられました。

修道院は18世紀にバロック様式で再建され、大聖堂そのものも美しいことで有名ですが、特に8〜19世紀までの書物や写本を多く保管する図書館は華麗なロココ様式で再建されたもの。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「ザンクト・ガレン修道院」とは?世界遺産マニアが解説 れ、大聖堂そのものも美しいですが、特に8〜19世紀までの書物や写本を多く保管する図書館はロココ様式に再建されたもの。 ここでは、ザンクト・ガレン修道院がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ザンクト・ガレン修道院について詳しくなること間違なし!

ミュスタイアのベネディクト会ザンクト・ヨハン修道院

ミュスタイアのベネディクト会ザンクト・ヨハン修道院/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

ミュスタイアは、スイス南東部のグラウビュンデン州にあり、イタリアとの国境のすぐそばに位置する集落。

ここには8世紀のカロリング朝時代に建造されたベネディクト会の修道院があり、ここは2つの側廊と石造りの尖塔型の穹窿(きゅうりゅう)を持つ後期ゴシック様式の傑作。内部のフレスコ画はスイスでも最大規模のものとなっています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「ミュスタイアのベネディクト会聖ヨハネ修道院」とは?世界遺産マニアが解説 スイス南東部のミュスタイアの谷には、カロリング朝時代に建造されたベネディクト会の修道院があり、ここは2つの側廊と石造りの尖塔型の穹窿(きゅうりゅう)を持つ後期ゴシック様式の傑作。内部のフレスコ画はスイスでも最大規模のものとなっています。 ここではミュスタイアのベネディクト会聖ヨハネ修道院がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ベネディクト会聖ヨハネ修道院について詳しくなること間違なし!

ベルン旧市街

ベルン旧市街/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

スイスの中央部からやや西にあるのが、スイス連邦の首都であるベルン。人口は約14万人と国内でも4番目の規模の街ではありますが、ここにはスイス連邦議会議事堂があり、首都機能を持つ都市でもあります。

ここはアーレ川に囲まれた丘の上に12世紀に建造された都市で、何世紀にも渡って発展してきました。石造りのアーケードと100以上もある噴水が残り、中世の町並みが今でもよく保存されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「ベルン旧市街」とは?世界遺産マニアが解説 スイス中央部にあるベルンはスイス連邦の首都。ここはアーレ川に囲まれた丘の上に12世紀に建造された都市で、何世紀にも渡って発展してきました。石造りのアーケードと100以上もある噴水が残り、中世の町並みが今でもよく保存されています。 ここでは、ベルン旧市街がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ベルンについて詳しくなること間違なし!

ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群

ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

イタリアとの国境に近いティチーノ州にあるベッリンツォーナは、アルプス山脈の南側に位置し、かつてはイタリアと西ヨーロッパを結ぶ交通の要衝でした。そのため、ここはローマ時代からすでに要塞が存在。

街の中心にあるカステル・グランデから「ムラータ」と呼ばれる防壁に結ばれた、14世紀建造のモンテ・ベッロ城、15世紀建造のサッソ・コルバロ城と合わせて世界遺産に登録。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群」とは?世界遺産マニアが解説 スイス南東部のにあるベッリンツォーナは、ティチーノ渓谷を見渡す岩場に築かれたカステル・グランデを中心に要塞が点在しています。ここは古くからイタリアと西ヨーロッパを結ぶ交通の要衝で、カステル・グランデから接続した「ムラータ」と呼ばれる防壁で結ばれて、14世紀建造のモンテ・ベッロ城、15世紀建造のサッソ・コルバロ城と合わせて世界遺産に登録。 ここではベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ベッリンツォーナについて詳しくなること間違なし!

スイス・アルプスのユングフラウとアレッチ

スイス・アルプスのユングフラウとアレッチ/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

スイスのアルプス山脈にあるユングフラウは「若き乙女」という名の標高4518mの名峰です。登録範囲は、全長約23kmにも及ぶアレッチ氷河とその周辺。北側にはユングフラウ、メンヒ(標高4107m)、アイガー(標高3970m)の名峰が並び、南側はマッサ川の峡谷の手前まで登録されています。

ユングフラウの展望台からは氷河によって削られて形成された独特の地形を眺めることができます。この絶景は芸術や文学のテーマとしてヨーロッパ文化に重要な役割を果たしてきました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「スイス・アルプスのユングフラウとアレッチ」とは?ヨーロッパ最大の氷河?世界遺産... スイスのアルプス山脈にあるユングフラウは、「若き乙女」という名の4518mの名峰。頂上付近にはヨーロッパ最大のアレッチ氷河があり、周囲は氷河によって削られて形成された独特の地形を眺めることができます。この絶景は芸術や文学のテーマとしてヨーロッパ文化に重要な役割を果たしてきました。 ここでは、スイス・アルプスのユングフラウとアレッチがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ユングフラウとアレッチ氷河について詳しくなること間違なし!

サン・ジョルジョ山(スイスと共同)/2010年登録

サン・ジョルジョ山/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

ルガーノ湖はイタリアとスイスの国境に位置する面積48.7平方kmもの湖。その南にはピラミッドのような形をした緑豊かなサン・ジョルジョ山(標高1097m)がそびえます。

ここは、中生代三畳紀(2億4500万〜2億3000年前)の地層からさまざまな生物の化石が発見され、体長1mものパキプレウロサウルスや、身体が3分の2以上が首だったとされる珍しい魚竜タニストロフェウスといった希少な化石も発掘されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
イタリア・スイスの世界遺産「サン・ジョルジョ山」とは?世界遺産マニアが解説 スイスとイタリアの国境付近に広がるルガーノ湖の南に位置する標高1097mのサン・ジョルジョ山。ここは、中生代三畳紀(2億4500万〜2億3000年前)の地層からさまざまな生物の化石が発見され、体長1mものパキプレウロサウルスや、身体が3分の2以上もの首だったとされる珍しい魚竜タニストロフェウスといった希少な化石も発掘。 ここではサン・ジョルジョ山がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、サン・ジョルジョ山について詳しくなること間違なし!

ラヴォー地区のブドウ畑

ラヴォー地区のブドウ畑/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

スイス南西部にあるレマン湖の南側に位置するのがラヴォー。ここはローマ時代にブドウの木が存在したと考えられますが、現在のブドウ畑が本格的に作られたのは11世紀から。テラス状に広がるブドウ畑には、ブドウ農家が住む小さな村々が点在し、ワイン作りの伝統が今でも残ることから文化的景観として登録されています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「ラヴォー地区のブドウ畑」とは?世界遺産マニアが解説 ラヴォー地区では、シヨン城からローザンヌまでの30kmまで延びるブドウ畑が世界遺産に登録されています。この地区でのワイン造りはローマ時代にまで遡るとされるほど古く、丘陵地帯にはワイナリーや邸宅が建造され、他にはない独特の景観を作り出したことから、これらは文化的景観として評価。 ここでは、ラヴォー地区のブドウ畑がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ラヴォー地区のブドウ畑について詳しくなること間違なし!

カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林(他ヨーロッパ17ヶ国と共同)

カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林/スイスの世界遺産
画像素材:Fritz Geller-Grimm(Wikimedeia Commmons)

ヨーロッパブナは、北はスウェーデン南部から南は地中海岸、西はポルトガル、東はトルコまで広がっていて、氷河期後期には、ヨーロッパの約40%はヨーロッパブナ(ファグス・シルヴァティカ)の林が広がっていました。登録エリア各地にはブナの原生林が広がっていて、ヨーロッパブナの原生林としては世界最大の規模を誇ります。

スイスとしての登録範囲は、西部のベットラッハシュトックの森とロダーノ、ブサイ、ソラディーノ渓谷森林保護区の2箇所が含まれています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ヨーロッパの世界遺産「カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林」とは?世界遺産マニア... かつてヨーロッパ各地にはブナ林が多く存在していたのですが、ヨーロッパブナの林は減少しつつあるという状況もあり、現在は18ヶ国94箇所で保護されています。登録エリアでは10種類の原生ブナが見られ、氷河期後期の生態系の進化やブナの分化の過程などが分かるというのが特徴 ここではカルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ヨーロッパのブナ林について詳しくなること間違なし!

レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(スイスと共同)/2008年登録

レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

アルブラ線・ベルニナ線は、スイス南西部のグラウビュンデン州からイタリア北西部のロンバルディア州ソンドリオ県を結ぶ路線。ここはアルプスの高地を越えるために当時としては最高レベルの技術によって建造され、20世紀初頭に開業したアルプス越えの鉄道が今でも現役で使用されています。

これらは古くからの課題だったアルプス越えを実現したもので、卓越した土木技術の結晶でもありました。スイスで登録されているのはアルブラ線すべてとベルニナ線の一部。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイス・イタリアの世界遺産「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」とは?世界遺産... アルブラ線とベルニナ線は、スイスとイタリアをまたがるアルプス山脈を超える鉄道。これらは20世紀にスイスの私鉄レーティッシュ鉄道が開通した路線で、合計67kmもの長さを誇ります。古くからの課題だったアルプス超えを実現したもので、卓越した土木技術の結晶でもありました。 ここではレーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、レーティッシュ鉄道について詳しくなること間違なし!

スイスの活発な地殻変動地域サルドナ

スイスの活発な地殻変動地域サルドナ/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

スイスの東部には標高3000mを越える7つの山々が並び、グラールス州、ザンクト・ガレン州、グラウビュンデン州の3つの州をまたがって3万2850平方kmの敷地が登録されています。ここは大陸のプレート同士が衝突し、造山活動が盛んで、古くて深い岩石が新しくて浅い岩石に運ばれるという「逆断層(衝上断層)」が見られる場所。

ここは地層が観察しやすいことから造山運動の研究において大きな役割を果たしてきました。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「スイスの活発な地殻変動地域サルドナ」とは?世界遺産マニアが解説 スイスの東部にあるサルドナ地方は、サルドナ山を中心に7つの山々が並ぶ地域で、ここはかつて造山活動が盛んだったことから大陸間のプレートが衝突し、断層が上下逆になるという「逆断層(衝上断層)」という現象が見られます。上部が約3500〜5000万年前の地層に対し、下部はそれよりも古い約2億5000万〜3億年前の地層が重なるというもので、ここは地層が観察しやすいことから造山運動の研究において大きな役割を果たしてきました。 ここではスイスの活発な地殻変動地域サルドナがなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、サルドナについて詳しくなること間違なし!

ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画

ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画/スイスの世界遺産
画像素材:shutterstock

ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックルは、スイス北西部のヌーシャテル州に位置する都市。ここはジュラ山脈の麓にあり、農業に向いていない土地だったため、17世紀から時計製造を中心とした独自の都市として発展していきました。

現在残るのは19世紀に計画された都市で、手工業から工場生産へと移行した時期を示すもの。『資本論』の作者カール・マルクスはこの町を「巨大な工業都市」として分業を分析したことでも有名。モダニズム建築家であるル・コルビュジエはラ・ショー=ド=フォンで学んだことでも知られます。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
スイスの世界遺産「ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画」とは?世界遺産マニ... スイスの北西部に位置するラ・ショー=ド=フォンとル・ロックルは、建物の向きが統一されるなど、時計製造に特化した独自の都市計画が見られます。これらは19世紀に計画された都市で、手工業から工場生産へと移行した時期を示していて、『資本論』の作者カール・マルクスはこの町を「巨大な工業都市」として分業を分析したことでも有名。 ここではラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックルについて詳しくなること間違なし!

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(イタリア・ドイツ・フランス・オーストリア・スロベニアと共同)

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群/スイスの世界遺産
画像素材:Gab01(Wikimedeia Commmons)

ヨーロッパのアルプス山脈周辺の6ヶ国には、紀元前5000〜500年の先史時代に湖や河川、湿地帯に杭上住居跡が111箇所も残り、これらは水没していたために保存状態が非常に良好。これらは新石器時代から青銅器時代の人々の生活が見られる遺跡となっています。

スイスは登録されている国の中でも最も多く登録されていて、国内各地に56箇所も遺跡が点在しています。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
ヨーロッパの世界遺産「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」とは?世界遺産マニアが解説 アルプス山脈の周辺には、紀元前5000〜500年に湖や河川、湿地帯に杭上住居(高床式住居)が築かれ、集落ごと水没したとされる111箇所の集落遺跡が、スイス、イタリア、ドイツ、フランス、オーストリア、スロヴェニアの6ヶ国に点在。これらは新石器時代から青銅器時代の人々の生活が見られる遺跡となっています。 ここではアルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、杭上住居群について詳しくなること間違なし!

ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献(他6ヶ国と共同)/2016年登録

イムーブル・クラルテ/ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献/スイスの世界遺産
画像素材:Romano1246(Wikimedeia Commmons)

ル・コルビュジエ(1887〜1965年)は、近代建築の三大巨匠の一人として有名。数多くある作品の中でも7ヶ国17の建築物が登録されていて、これはそれまでのヨーロッパの建築とは異なり、彼自身が半世紀以上かけて磨いていった新しい概念が導入されたもの。

登録されているのは、スイス南西のレマン湖の近くにあり、ここは彼の両親のために1923〜1924年にかけて建造された「レマン湖畔の小さな家」。もう一つは、ジュネーヴに建造された集合住宅「イムーブル・クラルテ」。ここは1930〜1932年に建設され、彼が最初に設計した集合住宅でした。

詳細はこちら↓

あわせて読みたい
世界遺産「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」とは?世界遺産マニアが解説 パリを中心に活躍した建築家ル・コルビュジエは、20世紀の近代建築運動において多大な貢献をした人物。数多くある作品の中でも7ヶ国17の建築物が登録されていて、これはそれまでのヨーロッパの建築とは異なり、彼自身が半世紀以上かけて磨いていった新しい概念が導入されたもの。これらは社会の要望に応える新しい建築技術を発明し、それが反映されたという傑作であり、彼の新たな建築様式は世界に広がっていきました。 ここではル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-がなぜ世界遺産なのか、世界遺産マニアが分かりやすく解説。これを読めば、ル・コルビュジエの建築作品について詳しくなること間違なし!

世界遺産マニアの結論と感想

スイスだけで登録されているのは8件ではありますが、共同で登録されている遺産を含めると、文化遺産が9件、自然遺産が4件と合計で13件。アルプス山脈のイメージだけに自然遺産が多いと思いきや、旧市街や修道院、鉄道路線まで文化遺産が多いというのもスイスの魅力でもあります!

※こちらの内容は、世界遺産マニアの調査によって導き出した考察です。データに関しては媒体によって解釈が異なるので、その点はご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

世界遺産一筋20年以上!遺跡を求めて世界を縦横無尽で駆け抜ける、生粋の世界遺産マニアです。そんな「世界遺産マニア」が運営するこちらのサイトは1100以上もある遺産の徹底紹介からおもしろネタまで語り尽くすサイト。世界遺産検定一級取得済。

目次
閉じる